庭仕事の思いつき

イギリスの田舎でのガーデニング日記 と、ロンドンでの日常
そして…南アフリカに住居を移し イギリスでのガーデニングは当分休止
アフリカでの日々をここに

 

カレンダー

2021年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

**************



カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:Akiko
Qさん、日本よりご帰国なのですね。お帰りなさい。

それにしても、また渋かったとは…。右も左も分からず、し
かし大穴ではずしてることはなくただただラッキーだったと
しか思えません。

そうですか、それではPernot氏のSatenayを是非試してみる
ことにします。エレガントという言葉にひかれました。

http://sun.ap.teacup.com/devon/
投稿者:Q
Pernotの赤とはまた渋い選択を・・・Pulignyにある中堅ドメーヌで私も一度訪問しています。80年代には非常に素晴らしいBatardを作っていたのですが、90年代は低迷、所謂マニアにはあまり取り上げられていませんが、ここ3〜4年(99以降)はまた水準が上がっていると思います。

私の記憶ではBourgogneはPuligny村はずれの国道沿いの畑から作られ、近隣の村(例えばChassagne)よりもちょっと重めです。もしこれがお気にいれば、是非彼のSantenay赤を飲んでみてください。値段はそれ程変わらず(ちょっと高いですが)、ぐんとエレガントでフィネスの片鱗がありますよ。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ