今日もWAKUWAKU ☆miyakoの育児(育自)にっき☆

好きな言葉は「出会い」
今日はどんな出会いがあるのかな・・・


 

 

カレンダー

2019年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

自由項目

自由項目2

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:miyako
めいたんへ
涙が出たんだ・・・
オトナになった今は夫から、「どうした?」と言われたいのかもしれないね。

子供産んだら自動的に母親になって、子供の将来の為に・・と必死になったら不安だらけの毎日に陥って・・

「どうした?」と優しく問いかれてくれるだけで、肩ひじ張ってる自分をゆるめる事ができるんじゃないかなぁぁ・・

いつまでも母親との関係にとらわれず、パートナーに目を向ける話しもいいかもね・・
投稿者:めいたん
そう。逆説論。泣いている子供に
「泣きやみなさい!」ではなく
「泣いていいよ、いっぱい泣きなさい」
と言うと、なぜか泣き止むんだって。

なぜ私たちは泣いている子供にイラっとくるのか。
それは、自分自身が子供の時に泣くなと言われ続けて大人になった人が、素直に泣くわが子を見て自分は我慢してきたのに!!と思う潜在意識があるからだって(いちがいには言えませんが)

その話は最近体験した「抱っこ法」での話。 これは大人同士が母役、子供役になりきり、子供役が
「お母さん」との問いかけに母親役が
「なあに、○○ちゃん、どうしたの?」
をひたすら続ける方法です。

私はなんとすぐに涙が出てきた!  母とのたいしたエピソードはないけど、優しく「どうしたの?めぐちゃん」と言われたら どーっと涙がでたのよ。

他の受講者の感想は、自分が子供のころ兄弟の真ん中だった為いろんな事に我慢してきたとか両親が共働きでさみしかったとか、妹ばかり・・・とかを思い出したって。

やはり自分自身の幼い記憶(忘れている記憶)が今の子育てに影響しているのが分かったよ。
私の場合、優しく答えてあげることに気をつけようと決心したところです。

福岡で起こった殺人事件ももしかしたら、幼い嫌な記憶に縛られていたのが原因だったのかも。
「抱っこ法」で自分自身を肯定する、親を許す作業が必要なのかな・・・・
自分の子育てにもつなげていきたいわ^^
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ