でるたー ぱぱ の部屋

無線大好き人間のブログです。


 

de でるたーぱぱ

1.8MHz〜1200MHzまでQRV。 特にHFでのDXが大好き!!! 現在の設備は 160m;GP, 75/80m;RDP(25mH), 40m;2eleYagi(27mH), 30/17/12m;3eleYagi(23mH), 20/15/10m;7eleYagi(21mH), 6m;10eleYagi(23mH), RIG;Yaesu FT-1000MP-MX+FTV-1000, AMP;VL-1000 (160m-6m;1kW)

お気に入り

Traffic Counter

SFI他

PropagationGrey LineSolar Terrestrial Activity Report 無料ゲームで稼げる&高還元率ポイントサイト│ドル箱

カレンダー

2020年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:JA9JX
JH6EGUさん。
コスモ電子の鈴木さんと昨日もお話しましたが現在、国外の仕事が多く、無線と違う事業に進出してるので無線に戻る事は考えていないそうです。
LPFのメンテナンスも部品が殆んど無くなったので出来ない事も有るそうです。ここのLPFは友人のプロのフィルター屋さんも舌を巻くくらいFBな特性でした。
LPFは59誌に載ってる物がFBです。
投稿者:JA9JX
新スプリアス規格摘要について、各総通で若干解釈が異なるようです。私の管轄と北の方の総通とは同じ解釈で九州総通と違っていました。
関東や中国の総通の解釈はどうか興味有ります。百鬼横行状態にならない内に統一見解が欲しいですね。
投稿者:jh6egu
いろいろご教示いただきありがとうございます。参考になりました。
私の50wの移動する局に関しては,先に書きまし
たように経過措置により旧規定で今の設備のままで最長平成34年まで延命できることがわかりました。
問題はもう一つの1kw局の変更申請でした。堀さ
んのと同じエキサイターとリニアとLPFです。
申請を出す九州総合通信局に電話で問い合わせました。1KW局も同じように、これからも経過措
置の対象となり旧規定でも申請を受け付けるとのことでしたので一安心です。
要旨は、(1)新旧どちらの規定で申請するか
申請書に明記する。(2)すでに免許を受けている局の5年毎の再免許も同様。(3)経過措置で再免許を受けた場合、最長平成34年までは電波は出せる。(4)LPFを取り付けた場合はLPFの後でスプリアスを測定する。とのことです。
一度延長された経過措置が再延長されたところを見ても、新規定がいかに厳しくクリアが困難なのか想像できます。
時間的余裕が無いので、まずは旧規定で変更申請を通し、準備が整ったら新規定で変更申請を通すのが無難なようです。充分な準備期間がありますので。
ところで、コスモ電子の復活の噂はどうなったのでしょうか?あそこのLPFはかなり優秀なので
欲しいのですが。どなたかご存知ありません
か?
でも、LPFだけで解決する問題でもなさそうなので、10年ありますので、たっぷり時間をかけて対策を考えます。その頃はリグも一変してい
るでしょう。
この件についてなにか解りましたら、レポートします。
それでは、皆さん新規定クリアに向けて頑張りませう。
投稿者:jh4vdp
小島さん、こんばんは。
再度のinfoありがとうございました。
私もこれについて調べてみます。
基準が上がれば(厳しくなれば)それをクリアすれば良いわけで、スプラッターを撒く局が減れば良いのですが...
投稿者:JA9JX
私が書き込んでる事はTSS等で書類審査だけの小電力局ではなく、堀さんのように総通の検査を受ける局の事です。(TSSの事は論外)
そんな訳で、堀さん!合格するには本気にならなければ難しいようです。
因みに従来は、HFでのスプリアスはー40dBでしたが、新規格では「43dB+10Log(pep)又は −50dBのいづれか小さい減衰量」となりました。(アマ無線機で−50dBはキツイですよ。電力に比例しますから1Kwもキツイです)
更に従来はCWで測定しましたが、今度からは実際に即した変調状態で測定しますからSSBではスプラッター等も大問題になります。
5〜10khzもスプラッターを撒き散らしてる局が殆んどですから不合格間違いなしです。
投稿者:jh4vdp
境田さん、詳細な情報をありがとうございました。
要約して頂き、もうWebを読まなくても良いくらいですね。Mni Tnx info!

投稿者:jh6egu
JARDのweb site に「新スプリアス規格対応機種リスト」が出ていますね。現行機種でも古い製造だと対応していないのがあるようです。同じ型番でも技適番号が違っていますので,見分けがつきます。未対応の古い機種は、経過措置で平成29年までは使えるし、各種申請も出来るそうです。平成29年を過ぎて使う時は自作機に準じてJARL認定(懐かしい!)を取ればOKとのことでした。JARLに電話して確認しました。
LPFを取り付けた場合は、スプリアスの測定は送信機の端末ではなく、LPFを通した後で測定するようです。
これから変更申請の私としては、ひと安心。
ホッ。
投稿者:jh4vdp
小島さん、境田さん、こんばんは。
返事が遅くなり、スミマセンでした。
先週からHBのANTの改修&改造工事で”てんてこ舞”状態でした。
詳細は別途記事として載せる予定です>参考になるような事は何も無いですけど...

新規格の件、全く知りませんでした。Tnx info!
時間を見て勉強してみます。
変更(リグ&アンプ追加)工事をやっろうと思っていたので、注意が必要ですね。
FT-2000?等、新機種を買う○が無くなってしまいましたので...

A52AMの件ですが、公式なニュースソースを持たないので、何とも言えませんが...
DXCCの事だけに関して言うのならば、最近はアクティビティが高く、その昔とは比べ物にならないくらいです。
ですから、”今の状態ならば”心配する必要はないと思います。
投稿者:JA9JX
総通や認定業者で検査を受ける時は、12月1日から新規格が摘要されるように思います。11月中に予備免許が下りたのなら旧規格で検査するような気がします。
A52AMの件は変な事をしたそうだから当然でしょう。でもA52は雑魚ですから、幾らでも代わりが有りますヨ。
投稿者:jh6egu
救済措置?29年11月30日まで再延長されたようなので,11月30日までに製造された無線機での開局変更は可能なようです。see JARL web site
ボーナスで無線機を買うときは11月30日までの製造であることを確認しないといけませんね。
これから変更申請の私はちょっとあせりました。ヒトアンシン

それより A52AMの免許取り消しの件を知ってあせっていますですよ。DXCCには無効?
ガクガクブルブル
1|2

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ