日々の思い

情報発信に対する為政者の規制はますます強まりつつあります。近未来、ブログは情報発信のツールではありえないかも知れません。氾濫する意図的な似非情報。黙殺することで行われる情報操作。一部の利権構造を隠蔽する大衆民主主義の演出。情報発信は力です。間違えることを恥じることなく、日々、思うことを不定期に綴ります。

 

著作権権利期間延長反対

文化の発展のために、適正な著作物の自由な利用を阻害する著作権の保護期間延長に反対します!こちらをご覧ください

カレンダー

2020年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

メッセージBOX

QRコード

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ossann
cogiさん、コメントありがとうございます。

本当に王様気分のようですね。NHKへの対応にもそれは現れています。

番組をyoutubeで見ましたが、確かにNHKアナウンサーの対応は悪かったと思います。自らの責任ではないのにもかかわらず、「遅刻」と言われて、橋下氏はかちんと来たのでしょう。しかし、話の内容が公約の検証に及び、もちろん取り組み途中であるから当然なのですが、きちんと応答できない苛立ちを、『怒り』の形で現してしまったところに彼の驕りがあると思いました。まして、番組出演後に、もうNHKには出演しないなどと公言して、しっぺ返しをするのはいただけません。

>府立施設や出資法人など、府民にわかりやすいところに悪者イメージを植えつけて実績のように見せる方向に行こうとしているように感じます。

全くその通りの手法ですね。スケープゴートとなるのは府のどのような機関なのかと私も懸念しています。必要な施設や有能な人材も多く知っているからです。

どうやら小泉のまねをして、抵抗勢力というレッテルをどこに貼付しようかと模索している様子が透けて見えます。先のNHKへの対応でもそうですが、自分自身は正義の味方であろうとしています。自分が正しいことを示したいのでしょう。

>職員も自分たちに全ての矛先を向けられたくないので、そう仕向けていますが、府立施設で働くアルバイトさんや、出資法人のプロパー職員など、弱い立場の人間がトカゲの尻尾のように切られたり、スケープゴートになることには非常に問題があると思っています。

これは本当に問題ですね。正規職員よりも劣悪な労働環境にある人たちにまずしわ寄せが来ますし、そうなるように労働条件を定めていますが、そのこと自体をまず問題にすべきではないかと思います。

既に彼は公約を次々と破り捨てて開き直っています。行く先々で話の分かる男、いい知事、人気者、正義の人となろうとしています。橋下氏に期待した人たちにとっては拍子抜けでしょうし、橋下氏当選に戦々恐々としていた人たちにとっては安堵の日々でしょう。彼の成果は何か?彼のウソは何か?しっかり見届けたいと思います。
投稿者:ossann
千葉県民さん、コメントありがとうございます。

私は長いこと学習塾を開いていました。その経験からすると、習熟度クラスは教える側に都合がよいだけだと実感しています。逆に弊害も多いようです。上位クラスから下位クラスに移る場合、脱落者の烙印を押されます。いわば負け犬の烙印を背負うこととなります。当然、精神的な打撃は著しく、本人の学習意欲をかえって損なう結果となります。そんなことを公立中学や高校でやってどうするのでしょう?

習熟度クラスなどというものは、大手の塾で採用されていますが、指導側にとってやりやすいという手法に過ぎません。馬鹿馬鹿しい。こんな手法では絶対にできない生徒の成績は上がらない。

学習の達成度の低い生徒を引き上げるには、混成クラスの中で、どんな形でもよいから達成感を与えることが一番効果的です。たとえ直接成績に結びつかなくても、本人の中に「やればできる」という実感を植えつけることができますから、その子どもの将来にとって必ず役に立ちます。自然な競争原理の中で子どもは努力することを覚えるものだからです。この点、千葉県人さんとは少し考え方が違うのかもしれません。適度なストレスがなければ成長は望めないと私は考えているからです。

但し、生徒の人数をいくら減らしても教師の意識を変えなければ対応は難しいです。達成度の低い生徒は、混成クラスにおける指導とは別に、個別の補習を行う必要があります。つまり、ある種のボランティア精神がなければ対応することは難しいのです。そうした中で子どもとの繋がりを深めるとともに、他方、その成果を混成クラスの中で示してやることで、自信とやる気が芽生えます。教育は、人と人との関わりの中で行われる作業ですから、こうしたボランティア精神がどうしても要求されます。日々ボランティア精神が必要な大変な業務ということになります。

この意味で、自らを、時間を切り売りして糧を得る「労働者」であると考える日教組の考え方は、その出発点から間違っていると私は思います。労働条件だけを就職理由とするような馬鹿を集めていったいどうしよういうのでしょうか。逆に本当に教育が好きな人たちを馬鹿にしているとも思います。
投稿者:cogi
こんばんは。cogiと申します。

図書館以外いらないなんて、視察も検討もする前から発言する方ですから、ファシストで悪ければ王様になったつもりでいるのではないでしょうか。
完全に持論だけですもんねぇ。公の立場にある人の発言ではありません。

橋下さんの財政改革は、府立施設や出資法人など、府民にわかりやすいところに悪者イメージを植えつけて実績のように見せる方向に行こうとしているように感じます。
職員も自分たちに全ての矛先を向けられたくないので、そう仕向けていますが、府立施設で働くアルバイトさんや、出資法人のプロパー職員など、弱い立場の人間がトカゲの尻尾のように切られたり、スケープゴートになることには非常に問題があると思っています。
投稿者:千葉県民
さっそく、カレが府の教育に自論を反映させようとしておられます。
35人学級によって子どもが受けるストレスが減少したというのに効果が薄いとか、学力差別を助長する習熟度別学級にしようとか。
子どもが笑えるの「子ども」とは「自分の子ども」だったのですね。
府民じゃなくてよかった^^
投稿者:ossann
new-eraさん、コメントありがとうございます。

ファシストという言葉は仮にも知事となる方に対して失礼かもしれません。たとえそう確信していたとしても、ファシストだとか愚民というような過激な言葉や表現は、はなるべく使用しないようにしようと思っています。そうした表現を好まない層がいるからです。他に言いようがない場合には仕方ありませんが、それでもなるべく使わないようにしようと思います。

おっしゃる通り、アンチ橋下派が膨大も膨大な人数ですから、あながち大阪府民が愚かであるともいえませんよね。(愚かという言葉も使わないほうがいいですね。)

ただ、知事の職にいる間は彼のファシスト的な言動は影を潜め、当たり障りのない施策が行われるのではないかと思います。彼が公約した府債不発行であるとか人件費削減などの施策はずるずると後退し、さしたる実績もないのにも拘らず、マスコミへの露出ばかりが行われて人気が維持される・・・そんな風に予想しております。いやになります。

大阪府知事を足がかりとして、国政選挙に出る形になることを最も恐れます。彼のこれまでの経歴・言動を知るものとしては、彼の今後の言動に細心の注意を払って監視しなければなりません。
投稿者:ossann
kazuさん、コメントありがとうございます。

破綻状態にある大阪府なのですから、支出の大きな部分を占める人件費の削減は必要です。それを公務員叩きというなら、その通りです。叩く必要があります。

府債を発行しないという姿勢は原則論として重要だと私は考えます。経済活性化の必要性が直ちに府債の発行に結びつくというようには考えていないからです。橋下氏の公約のうち、府債は出さないという原則は評価しています。府債は出さない⇒必要性の検討という筋道と、これとは逆に現状を前提として必要性をチェックするというのでは、結果においてかなり大きな違いが出てくることは間違いありません。というのも、行政の行う事業ないし施策の必要性、成功、達成度を、分厚い報告書という形で表すのが役人の仕事であり得意分野だからです。

中小企業支援と称して、地方公共団体は盛んに多くのアドバイザーを配置していますが、ほとんど奏功しておりません。大阪府主催のイベントに参加する企業が、その実効性を疑問視していても、分厚い報告書はその成功と今後の事業の継続性を謳い上げます。役人の仕事とはそうしたものです。まずは必要性の検討からという発想では全ての事業の見直しは難しいこととなります。順番が違うだけですが、原則論は非常に重要だと考えます。
投稿者:new-era
new-eraと申します。はじめまして。

私にも橋下氏はファシストに見えます。
ossannさんは訂正の必要はまったくありません。
大阪府民が夢を託した人物だからといって彼のこれまでの問題発言や問題行動が免罪されるなんてどう考えてもおかしい。
これからも橋下氏が問題発言をするようなら大阪府民であろうとなかろうと厳しい批判の声をあげるべきでしょう。
選挙は免罪符や全権委任状であってはならないはずです。

それに私自身は今回の選挙は一般に言われるほど橋下氏「圧勝」とも思えません。
確かに2位の熊谷氏との差は大きかったです。
しかし2位以下の候補に投じられた「橋下ノー」の票は155万票です。橋下氏の183万票と比較すれば、大阪の全有権者がこぞって橋下氏を支持したわけではない、と思えるのですが。
どうでしょうか?

http://lin-fc3.dyndns.org/top/cgi/
投稿者:kazu
残念ですが橋下氏の「エネルギー、爆発力でハードに歳出削減をする・府債発行はしない」という発想だけでは財政は更に悪化するでしょう。

大阪経済が脆弱な中、行政の地域経済下支え効果を無視し、税収増加策を考えないまま歳出削減をすれば地域経済が悪化し、歳出削減効果以上の税収減少となる可能性が高い。税収がジリ貧になり財政危機が深化する方向に。

だからふざけたことに今頃自公府議団は大騒ぎし、兵庫県知事も首をかしげるコメントを出しているのです。

まったく2001年に小泉氏が自民総裁になった時と酷似していて、改革ではなく経済活性化で府民を食わせられる人が必要だったのにそうではない人を騙されて選んでしまった。

公務員たたきで溜飲を下げていては橋下氏の思う壺の気がいたします。
投稿者:ossann
>エノキさん

そうした見方もできますね。勢いあまってファシストという言葉を使用しましたが、訂正すべきかもしれません。

ただ、私は熊谷氏を積極的に支持していたというわけではありません。大衆の支持が得られれば何をしてもよい、大衆を扇動すれば裁判にも介入してよい、というような彼の言動を見るにつけ、さわやかな弁舌であるだけに、橋下氏が恐ろしいというだけのことです。

いずれにしても橋下氏が府知事に選ばれた以上は、彼の具体的な施策がどのようなものか、期待しつつ見守るつもりです。

よい施策であれば大歓迎です。しかし、いたずらに大衆を扇動するような行為があれば、これを糾弾するつもりでいます。
投稿者:エノキ
熊谷氏ではとても橋下氏には勝てません。そんな事がわからないですぐ相手ををファシスト呼ばわりするなんて言うあなたがおかしい。あんたこファシストである。大阪府民は橋下さんに夢をかけたのです。熊谷氏はその器ではありませんでした。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ