日々の思い

情報発信に対する為政者の規制はますます強まりつつあります。近未来、ブログは情報発信のツールではありえないかも知れません。氾濫する意図的な似非情報。黙殺することで行われる情報操作。一部の利権構造を隠蔽する大衆民主主義の演出。情報発信は力です。間違えることを恥じることなく、日々、思うことを不定期に綴ります。

 

著作権権利期間延長反対

文化の発展のために、適正な著作物の自由な利用を阻害する著作権の保護期間延長に反対します!こちらをご覧ください

カレンダー

2020年
← February →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

メッセージBOX

QRコード

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ossann
souenさん
コメント、ありがとうございます。

田原総一郎は本当に腹立たしいですね。権力におもねり擦り寄るあの程度の男が、日本を代表する報道番組を持っているのがおかしい。

みのもん吉は所詮は芸人ですから、いちいち腹を立てているのもバカらしいようなことですが、もん吉の番組に出て薀蓄垂れるコメンテーターには腹が立ちますね。もう少し自負心を持ってコメントをして欲しい。権力というよりも、モン吉に擦り寄るコメンテーターなんぞ最悪ですね。

実際には、モン吉の番組はほとんど見たことがありません。youtubeなどでチェックする程度です。

B級対策としては、彼の番組を見て研究すべきなんでしょう。見たくもない番組を見るのはちょっとつらい。

『たかじんのそこまで言って委員会』はなるべく見るようにしています。結構、本音らしきものが出ていておもしろいからです。
投稿者:sousen
日頃の田原、みのもんたの司会者としてのコメントに腹立たしく思っている者。貴方の考えに同感です。頑張ってください。

http://plazarakuten.co.jp/moeka123/
投稿者:ossann
9条ネットと北朝鮮

9条ネットの主要なメンバーが、新社会党や全労協などであることから、天木さんが9条ネットから立候補することをためらっていたのは天木さんのブログの読者である私も知っていた。

9条を守るためには、その1点でつながることもよしとすべきだ。その1点を争点として連合し協力し当選する必要がある。いかなる理由があろうとも憲法を改悪させてはいけないのだから・・・・そのように天木さんは考え、身を投じる思いで立候補宣言したのであろう。

当初、私は天木さんが新政党を立てるのかとも思ったが、予想に反して天木さんは9条ネットからの立候補宣言をした。なんとしても当選して、憲法を死守するのだという意気込みが見て取れた。

天木さんのブログには、そうした意気込みに溢れている。政党などはどこでもよいのだ。9条を守るのだ。憲法を守るのだ。。。

憲法9条の改悪を阻止し、現憲法を守り抜くことを目的とするという9条ネットの設立目的は、その1点において天木さんの信念と合致する。しかし、9条ネットの代表である元日本弁護士連合会会長の土屋公献氏は、2002年までは拉致問題は存在せず、国交交渉を有利に進めたい日本側の詭弁であると、講演で繰り返し主張していたのだ。このような北朝鮮シンパを代表とする9条ネットは、多くの国民の支持を受けることはできず、十分な得票をできないのではないかと危惧する。

天木さん最大の選択ミスにつながる可能性がある。私は、天木さんを支持する。彼の考え方はまっとうであると思う。しかし、9条ネットの他のメンバーはどのように考えたらいいのか?悩ましいのは、私ひとりではないだろう。。。
投稿者:ossann
天木さんの応援メッセージ その2

教育は、在学中も大事ですが、問題を抱えた生徒はむしろ中学卒業後、高校卒業後に更に問題を抱えるものです。より大きな問題を抱える。そうした生徒の抱える問題に正面から向き合えば、一人の生徒の面倒を見たといえるのに、やはり最低10年はかかってしまうのです。

たかだか数年、それも学校という枠のなかで通り過ぎる生徒のお世話をしただけの教師に、いったい何が分かるのでしょうか。

前振りが長くなりましたが、「夜回り教師」の水谷さんの活動についても、実際には表面的なことしか存じませんが、次の彼の応援の言葉にはある種の実のある感動を覚えます。

以下、天木さんのサイトからの引用です。

「夜回り先生」の水谷です。

天木さんの、自分の信念に従って生きる生き方、とても好きです。私もそうして生きてきました。
天木さんの、この国を思う気持ち尊敬します。平和で,すべての子どもたちが、明日を夢み、目を輝かせている社会、何としても作りましょう。
私は 、子どもたちのもとで、子どもたちの明日を作る手伝いをしていきます。私は、教員ですから。
天木さんは、ぜひ国政でこの国を優しい国にしてください。
2007年6月19日 引用終わり

ここの最後の部分には、教師としての決意があります。夜回りを続けることが自分の教師としての行き方であるという宣言があります。

水谷さんには、セミナーや過多なTV出演などの雑用をせずに、ぜひ、夜回り教師であり続けて欲しいと願っています。
投稿者:ossann
天木さんの応援メッセージ

天木さんが9条の会から参議院議員に立候補されることは皆さん、ご存知のことと思います。この天木さんのサイトに「夜回り先生」として活躍されている水谷さんが応援メッセージを書かれています。この応援メッセージについて少し書いておきます。

世の中には、ちょっとだけ教師をして、ちょこちょこっと生徒指導をして、政府の委員などをしている人もいます。ヤンキーの生活指導に本気で取り組んで病院送りになった教師の友人がいますが、そうした本気で取り組んでいる教師からすると、ずいぶんと愚かしい発言を繰り返している「ヤンキー教師」です。で、ちゃっかりプロ教師のような顔をしてしゃしゃり出ている。笑止千万です。

教師なんて仕事は本気でやって10年かかります。なぜなら、中学生になるのが12歳、その後一応の形がつくのが22から23歳当たり、ひどいのになると30歳になっても塾の教師の世話になるからです。

プロ教師のなんちゃらという会を作ってテレビに出ている教師もいますね。ばかばかしくて見ていられません。実際には公務員のための公務員教師の会とでも名乗るべきです。なぜなら、中学や高校在学中の数年間についてのみ薀蓄をたれているに過ぎないからです。数年間の在学期間のお仕事についての薀蓄・意見に過ぎません。

その2へ続きます。
投稿者:ossan
私はあらゆる戦争に反対です。
戦争には、大義名分などありえないからです。

大義名分と思われているのは、時の政府、国家にとっての言い訳に過ぎません。異国の振る舞いに、だからこの国は!こんな連中は!と声高に叫び、人々を先導しようとするコメンテーターがいますが、全く信用できません。

その国の政府が一定の政治行動をしたことを理由に、その国の国民を殺す行為、戦争に走ってよい理由とはなりません。極悪非道な行為を繰り返す国があったとして、それでも一般市民、一人一人の国民が極悪非道であるはずはないからです。国家権力の中枢を握ったごく一部の金の亡者たちが極悪非道なことをしたからと言って、その国の国民を虐殺することが許されるはずもありません。

金貸しの代名詞とされるユダヤ人が、確かにあくどい利益を得ていたとしても、全てのユダヤ人を虐殺することに、一般市民が同意するでしょうか?アンネフランクとその家族を身近に知っていたら、良心的なゲルマン民族の血を引くドイツ市民が、彼女たちを虐殺することに同意するはずはなかったのです。事実、彼らは、短期間ではありましたが、友人たちの助けにより隠遁生活を送っていました。

南京大虐殺が中国国内でプロパガンダされており、日本を憎む市民が量産されています。偏った操作された情報を垂れ流すことで独裁者の有利となるような国民の意思が形成されていきます。別の意味での国民の意思です。個々の人の思いとは別に、強固な悪意が形成されていきます。アホなコメンテーターや国家によるアジテーションに騙され翻弄されるのはもうやめにすべきです。

情報化社会の進展は、二律背反の意味を持ちます。悪い側面は、独裁者を生じやすいことでしょう。意外に思われる人もいるかもしれませんが、強烈な独裁者は、むしろ民主的手続きを経て登場します。大衆民主主義においては、情報操作された大衆が独裁者に加担するからです。ヒトラーは当時最も優れて民主的な憲法の下で登場しました。このことを私たちは忘れてはいけません。
投稿者:ossan
天木さんが立候補をされてから、さまざまな発言をされています。

天木さんのブログから引用
『年金問題は小手先ではもはや解決しない。社会保険庁の職員は無駄な作業で徹夜し、いずれ過労死者を出すだろう。それでも何も解決できないであろう。なぜならば今行なわれている雲をつかむような無駄な作業は、選挙目当ての政治家や自己保身の高級官僚のアリバイづくりに過ぎないからである。だれも真の解決を追求しようとしない。できない。それが現状だ。我々は自身の生活を自分で守るしかない時代に生きようとしている。』

確かに、年金問題に対する対応は、高級官僚と為政者のアリバイつくりに終始しています。暗澹たる思いです。

皆さん、選挙に行きましょう!!!
投稿者:ossan
天木さんが次の参議院選挙に立候補することを表明されました。

国の方向を変えるのは国民の一票だ。
このままでは本当にアメリカの植民地になってしまう。
憲法9条を変えていけない。

天木さんの熱い思いが伝わります。

http://www.youtube.com/watch?v=qtyCbaz2vp0

皆さん、選挙に行きましょう!
投稿者:ossan
天木さんが国民投票法成立後の今日のブログで次のように書いています。

「憲法9条を守りたいと素朴に、純粋に考えている普通の人は浮かばれない。彼らの思いを吸い上げて国会へ送り込む人はこの日本にはいないのか。誰かが一般の国民の心に火をつけなければならない。」

次の参議院選挙が楽しみです。
必ず天木さんは立候補するはずです。

皆さん、選挙に行きましょう!
投稿者:ossan
このブログは思いついたことを、コメントをつける形で書いています。で、同じようなジャンル、話もあれこれと登場してます。気になるニュースの方も、自然に選挙に行きましょうと同じスタンスのものも多くなります。そちらも見てください。
1|2345
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ