日々の思い

情報発信に対する為政者の規制はますます強まりつつあります。近未来、ブログは情報発信のツールではありえないかも知れません。氾濫する意図的な似非情報。黙殺することで行われる情報操作。一部の利権構造を隠蔽する大衆民主主義の演出。情報発信は力です。間違えることを恥じることなく、日々、思うことを不定期に綴ります。

 

著作権権利期間延長反対

文化の発展のために、適正な著作物の自由な利用を阻害する著作権の保護期間延長に反対します!こちらをご覧ください

カレンダー

2021年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

メッセージBOX

QRコード

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ossann
◆健康保険料すら支払うことができない現実・・・悲しき死体遺棄事件 その2

富山県警南砺署は5日、病死した父親の遺体を側溝に捨てたとして死体遺棄容疑で、長男で福岡県出身の住所不定、無職、桑田秀樹容疑者(51)を逮捕した。「朝起きたら父が冷たくなっていた」と話し、容疑を認めているという。調べでは、桑田容疑者は約1年前から金沢市などで、父茂さん(73)と軽自動車の中で生活していたが、茂さんが4月中旬に死亡し、遺体の始末に困って富山県南砺市蔵原の道路脇の側溝に捨てた疑い。遺体は同25日に近所の人に発見された。

73歳の父と51歳の息子の軽自動車での生活!なんという悲惨な現実なのでしょう。

この二つの事件に共通しているのは、生活苦という現実です。ポロリポロリとこうした事件が報道されます。格差社会の悲惨が、間違いなくここにあります。

行政は何もしてくれません。
机の向こう側で、高給をむさぼりながら、尚かつ、天下りをさせろ!とふんぞり返る。
それが役人の本質です。国民が愚かなら、役人の同程度に愚かなのです。
しかし、同じ愚か者であっても、弱者を切り捨てようとする彼らを私は憎みます。

死体を遺棄した人を責めることはできません。彼らは間違いなく弱者でした。「働け!」と責めるのは、元気に働くことのできる人たちの傲慢でしょう。痴呆の肉親を抱え、あるいは障害を抱えた本人に、「働け!」というのはあまりに酷です。たとえば月20万そこそこを稼いでいても、ちょっとしたアクシデントで、生活は瓦解していまいます。社会にはこれを掬い取るシステムがありません。強者に甘く、弱者に冷たく!これが小泉と竹中の目指した米国方式なのですから。

繰り返しますと、「強者に甘く、弱者に冷たく!」といのが小泉・竹中の目指した「改革」でした。

これに多くの愚かな国民は賛同しました。
それが自らの首を絞めることとなるとも知らずに、賛同したのです。

いい加減に目を覚ますべきです。

まず、要求すべきこと。
公務員の給料を、少なくとも、中小企業の現実レベルに落とすことです。
こうすれば、彼らにも私たちの痛みが分かるからです。
痛みの分からない人間に弱者救済などできるわけもありません。

皆さん!
選挙に行きましょう!!!
議員の人数を減らしましょう。
公務員の人数を減らしましょう。
投稿者:ossann
◆健康保険料すら支払うことができない現実・・・悲しき死体遺棄事件 その1

 冷蔵庫に遺体、容疑で夫逮捕 「寝たきり妻死亡」−−大阪・守口

 平成19年6月10日、大阪府守口市大庭町1の「中村マンション」(5階建て)屋上に放置された冷蔵庫(高さ約1・3メートル、幅、奥行き各約50センチ)内に女性の遺体があるのを住民の男性(69)が発見し、府警守口署に届け出た。遺体は同マンションに住む無職、中川ミツ子さん(58)とみられ、府警捜査1課と同署は同日夜、夫の無職、和美(かずよし)容疑者(59)を死体遺棄容疑で逮捕した。
和美容疑者は「寝たきりの妻が収入を気にしてか病院に行ってくれず、5月下旬に死んでしまった。葬式代もなかった。どうしていいか分からずそのままにしていたが、においがひどくなったので冷蔵庫に捨てた」と容疑を認めている。

この方の奥さんは、健康保険料の支払いが続かず、喘息の薬も手に入れることができずに、通院をやめ、死に至ったものと推定されます。この夫を誰が責めることができるのでしょう?

この夫思いの妻を殺したのは誰でしょうか?
健康保険料は異常な高額になっています。かなりの豊かな家庭でなければ負担はできません。
弱者であるこの夫婦は高額な健康保険料の支払いをあきらめ、医療機関にかかることも同時にあきらめたのでしょう。

彼らを見殺しにしたのは、間違いなく、行政です!
地方公共団体です!
国民健康保険制度は、既に「国民」健康保険ではなくなっています。
「高額所得者向け官製健康保険・・・弱者切捨型」とでも呼ぶべきものとなっています。

このような仕組みにしないと健康保険が維持できないことは理解できます。
しかし、弱者を切り捨てるような施策の前に、

まず、公務員の給料を下げなさい!

公務員の人数を減らしなさい!

議員の人数を減らしなさい!

議員の給料を減らしなさい!

その上で、あれこれ議論をすればよいでしょう。
投稿者:ossann
◆健康保険は不健康の元。。。支払うことができない現実 その2

今、話題になっている年金制度について考えてみます。

あまり、この制度の本質的な弱点については議論されていないように思います。

現在納めている年金で、現在年金をもらっている人の年金を支払っています。団塊の世代が大量に年金を支払い、かつ大量に消費した高度成長時代は、この制度のおかげでお年寄りには大盤振る舞いを続けることができました。これにより自民党は大量に票を伸ばし、厚生労働省の役人たちは好き勝手に金を費消していたわけです。

しかし、誰が考えてもすぐに分かりますが、この制度は、支払う人間の数が多い場合に成り立つ制度でしかありません。団塊の世代が老いるにしたがって、年金支給年齢は繰り上がっていますが、これも当然のことでしょう。年金を納める人数が減少した以上、年金を納める世代の幅を広げるしか方法がないからです。

しかし、いずれは団塊の世代に年金を支払わなくてはなりません。その時点で、年金制度は間違いなく破綻します。だって払う人数が足りないんだもの。。。

これは国家による詐欺行為です。
国家による、壮大なねずみ講が破綻したのです。

私は、年金は要らないから、今まで支払った年金の元金だけでも返して欲しいと思います。

私と同様に考える人たちは必ずいるはずですから、いずれ年金訴訟が提起されると思われます。支払った年金を返せという訴訟です。

年金は要らない。金を返せ!
なんとも悲しい訴訟ですね。。。

小泉・竹中による格差拡大政策の清算を!
年金返還訴訟全国に広がる!!!

なんて記事がそのうち新聞紙面を飾るかも知れません。

皆さん、選挙に行きましょう!!!
投稿者:ossann
◆健康保険は不健康の元。。。支払うことができない現実 その1

市町村から国民健康保険の通知が来て驚きました。私は昨年、運営していた会社を倒産させましたので、算定の基準となる世帯の所得は210万円程度でしたが、これに対する国民保険料は介護保険料を含めてなんと年間50万近くの請求がありました。びっくりです。

健康保険料を支払うのは、万が一の疾病のためです。ところがこれだけ大きな負担を負うことになると、月々の食費を切り詰めることになり、健康保険料を支払うために病気になってしまうという不具合が生じます。

いったい、この数字が現実として適正であると考えているのでしょうか?月々4万6千円の支払いは今の私にはきつすぎます。悲しい現実です。

思うと、団塊の世代の成長とともに国民経済は成長をし、彼らの没落とともに国民経済も没落していく過程に過ぎません。よい時代を生きた団塊の世代の多くは、信じられないくらいに楽観的な見方をしています。しかし、現実は違います。戦後の見事な経済成長を支えてきた団塊の世代は、今、間違いなくお荷物になっています。こんな悲しく愚かしい政策を許してきたのも彼らですから、これはもう自業自得なのですが。。。

小泉・竹中路線は、痛みに耐えろ、と国民に当然のように要求しました。しかしリミットを越える日は確実に近づいています。私が密かに危惧するのは、北京オリンピックもしくは上海万博までといわれている中国共産体制ですが、それより先に、日本に大きな変革が生じることです。

小泉の推進した格差助長、愚民化政策によって、そうした民衆の力も間違いなくそぎ落とされれているのかも知れませんが。。。

皆さん、選挙に行きましょう!!!
投稿者:ossan
Money!Money!Money!Money!Money!Money!Money!
Now top politicians're crazy about money in every country, in Japan, in China, in the US too.

Why do they want to get so much money?They sacrifice people and get large sum of money.They always want to get huge money and their places. Koizumi,he was a prime minister in Japan, he shouted to Bush in public in the US " Rub me tender!", is one of them.And a Japanese prime minister Abe Shinzo is one of them too.Recently three persons suisided for only about two weeks in Japan.People think they all had related with the dirty money leading to the government.Someone says they were killed by the Dark Society in Japan.

I was very surprised at the 911.I was very sad to watch it on TV.

I think the war must not be allowed even if there can be any kind of thing.Because the reason why they want to fight is only caused by the strugling to get more money, and caused by a very few people who have power.I think we should watch the fact and the truth. And we, a person to a person, in anywhere, any place, any country, should talk though the internet.I am a man, and you American is a man. A Chinese is a man, and a Korian is a man living on the same earth.If most of citizens living in Iraq love nature and peace like John Lennon, I'll want to make friends with them.I'll never want to fight them, so I'll never want to fall bombs on their country.If a German had known Anne Frank, did he want to kill her, an elegant little girl, a girl you can see in your neighbourhood in everwhere at any time? If you know a citizen who has a gently wife and lovely children at home, can you kill him without any hesitation? Every war has no reason. I think.

Watch the fact Bush and his surroundings have, and judge correctly. There is no war we need. All we need is being able to believe citizens' consience living in the other countries.
投稿者:ossan
911事件の真相

911事件の不思議を詳細に述べているビデオがあります。
ぜひ、ご覧ください。

多くの人を殺した罪で更に多くの人々を虐殺するアメリカ政府の愚行を糾弾している。他ならぬアメリカ人の手によって糾弾されている事実に、情報化社会のよい側面があるのでしょう。

http://www.asyura2.com/index.html
投稿者:ossan
中年教師が知的障害者を牛乳瓶で殴り、怪我を負わせた事件。

6月8日付けの産経新聞によると以下の通り。
『 大阪府立養護学校で先月11日、男性教諭(52)が知的障害のある中学部3年の男子生徒(15)の頭部を牛乳瓶で殴り、軽傷を負わせていたことが8日、わかった。男性教諭は保護者に男子生徒の自傷行為と虚偽説明をしており、府教委は近く処分する方針。現在、自宅謹慎中という。府教委などによると、男性教諭は5月11日午後1時ごろ、給食の時間中に情緒不安定になった男子生徒を落ち着かせるため教室外に連れ出そうとしたが、生徒が教諭の眼鏡を払い落としたことに憤慨。牛乳が入った瓶で生徒の頭部を1回殴り、軽傷を負わせた。 』

普通、人は、カッとしても牛乳瓶で人をどついたりしません。

こんな人は即刻逮捕すべきだと思います。

教師として、というより、人としての資質が問われているのでしょう。教師を続ける資格はない。

懲戒免職にすべきですが、おそらく5月の事件が今頃報道されたことからすれば、そのような厳しい処分もないままに、事件ともならない状況であったのでしょうね。だからこそ、これはおかしい!と考えた関係者の筋からこの話は漏れたのだろうと思われます。

懲戒免職にするかどうか。身内に甘い府教委のおかしな行動を、見張っていたいと思います。

しかし、なぜ実名報道ではないんだろう?
投稿者:ossan
集団的自衛権「解釈変え容認」安保法制懇で意見大勢 (その2)

政府は従来、日本有事での米艦護衛は個別的自衛権として対処が可能と解釈こそすれ、「自衛の目的以外の場合は米艦艇を守れない」と説明してきました。しかし、それじゃあ、大きな顔はできないですから、こんな場合にも日本がしゃしゃり出ることができるようにしたいようなのです。

『 米艦護衛の場面として
(1)共同訓練中の洋上補給・・正当防衛(久間章生防衛相)行為として容認、更に積極的に護衛できるように、現行の解釈を変更すべきとの意見が出た。
(2)公海上での日米共同訓練
(3)周辺事態での後方支援活動
(4)同事態での船舶検査活動
(5)弾道ミサイル発射の警戒監視 』

が「議論」されたといいます。
3と4については、「日米同盟で重要なのは情勢が緊迫した時」として集団的自衛権行使を求める意見が出たそうです!

これは明らかに、中国・台湾や朝鮮半島の有事を想定したものとみられます。しかし、日本の自衛のための戦いとはいえない領域において、米艦防護のために集団的自衛権を行使することを認めてよいのでしょうか?

そもそも世界各地で戦争ばかりやっているアメリカと一体化するなんて、あまりにも馬鹿げています。金も出し、軍隊も出して、挙句の果てにアメリカの戦争に軍事力による加担までしようというのだろうか?

戦争は絶対悪です。
理屈を越えた絶対悪だと私は考えます。

しかし、戦争しなくてはならないときもあるじゃないか。祖国が陵辱されるのを放っておいてよいのか?と反論されますが、自衛力は備えたらよいのです。そんなこと、当たり前です。

しかし、何か事があればのこのこしゃしゃり出ていって、自分の思うようにならなければ戦争を仕掛けるアメリカのような危険な国と運命共同体となるのは間違っています。

国を守る必要があれば戦うべきです。
そのための自衛力は必要です。
当たり前のことです。

しかし、相手の領分までのこのこ出て行って、戦うのは明らかに自衛ではない。

強面のアメリカの軍隊の後ろにくっついて、どんどんぱちぱちと砲弾を撃ち込んで大きな顔をしたいのでしょうか?

大ばか者でしかありません。

このままでは、国民を、若者を、戦場に送ることとなります。

そんなことはさせてはいけません。

皆さん、選挙に行きましょう!!!
投稿者:ossan
集団的自衛権「解釈変え容認」安保法制懇で意見大勢 (その1)

全く、いつも政府は同じ手法を繰り返しますね。よっぽど国民は馬鹿だと思っているのでしょう。

政府の意向に沿った専門家やら識者やらを集めておいて、決まった回答を出すという手法です。

で、路線作りに活かすわけですね。はあぁ・・・。

新聞によると以下の通り。

『 政府は11日、憲法9条解釈の見直しを検討する安倍晋三首相の私的懇談会「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」(座長・柳井俊二前駐米大使)の第2回会合を開き、本格的な議論に着手した。 』

何が『 議論 』に着手なのか?
最初から諸手をあげて賛成する連中ばかり集めておいて、議論?とは、ちゃんちゃらおかしい話です。

『 首相が提示した4類型のうち「公海上で米艦が攻撃された際の自衛隊による護衛」を認めるべきかを議論し、政府の憲法解釈で「保有するが行使できない」としてきた集団的自衛権について「行使できるよう解釈を変え、護衛すべきだ」との意見が大勢を占めた。 』

以下、その2に続きます。
投稿者:ossan
格差社会の進展を裏付ける厚生労働省の国民生活基礎調査結果

06年の国民生活基礎調査で、1世帯当たりの05年の平均所得は過去10年で最低の約563万8000円であることが発表されました。この平均所得は前年より2.9%下がっています。

年収600万円もあれば余裕の生活ができそうですね・・・現在、400そこそこのossanは実にうらやましい限り。

しかし、下の厚生労働省の発表データを見てください。

〜100万未満  6.6%
〜200万未満 12.1%
〜300万未満 11.9%
〜400万未満 12.2%
〜500万未満 10.9%
〜600万未満  8.0%
〜700万未満  6.7%
〜800万未満  5.9%
〜900万未満  5.9%
〜1000万未満 4.6%
〜1100万未満 3.8%
〜1200万未満 2.6%
〜1300万未満 2.2%
〜1400万未満 1.5%
〜1500万未満 1.3%
〜1600万未満 0.7%
〜1700万未満 0.7%
〜1800万未満 0.6%
〜1900万未満 0.3%
〜2000万未満 0.1%
〜万以上   1.3%

実は、100家庭あれば、300万以下の年収の家庭が30戸もあるんです。
年収900万以上の人が20人。

300万以下の家庭では公教育に頼るほかなく、教育環境は劣悪にならざるを得ません。つまり、格差は広がっていかざるを得ないのです。

小泉さんの理想とする米国型格差社会に確実に近づいていることが分かります。

皆さん、米国メディアの前で、やさしくこすってぇ!と嬌声を上げた小泉さんを選び、おばかな小泉チルドレンを量産したのも、『 選挙 』の結果です。

選挙に行きましょう。

ossanとしては、今回は天木直人さんが出馬しますから、誰に入れるか悩まなくていいです。

皆さん、選挙に行きましょう!!!
1|23
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ