ウスバシロチョウ  アゲハチョウ科

股白 埼玉県越生町 4.MAY.'11
クリックすると元のサイズで表示します
孤立が原因と思われるが 当発生地で股白の出現率が近隣より高い。

星股
クリックすると元のサイズで表示します
股内に白斑がある様に見え 勝手に星股と呼称している。
股白への移行において 黒鱗が適度に衰退した状態の斑紋であろう。


同産地 4.MAY.'13
クリックすると元のサイズで表示します
星股の特徴がやや出た個体。

クリックすると元のサイズで表示します
股白の特徴がやや出た個体。

同産地 4.MAY.'19
クリックすると元のサイズで表示します
股白の特徴がやや出た個体。

同産地 8.MAY.'11
クリックすると元のサイズで表示します
星股の特徴がやや出た個体。

同産地 8.MAY.'19
クリックすると元のサイズで表示します



東京都町田市 5.MAY.'13
クリックすると元のサイズで表示します
ノーマル〜黒化の中間的な個体。

交尾 同産地 7.MAY.'14
クリックすると元のサイズで表示します

黒化 同産地 14.MAY.'11
クリックすると元のサイズで表示します
黒化個体は♀に出現するが 発生後期に比較的多く見られるので ノーマルの♀より羽化が遅いものと推察される。

産卵 同産地 21.MAY.'11
クリックすると元のサイズで表示します
中間的な個体。

黒化
クリックすると元のサイズで表示します

黒化 同産地 22.MAY.'11
クリックすると元のサイズで表示します

黒化 同産地 24.MAY.'08
クリックすると元のサイズで表示します

黒化 同産地 26.MAY.'12
クリックすると元のサイズで表示します
前述の遅い羽化が原因であろうか ♂の発生末期を背景に 未交尾の頻度が比較的高い。

黒化 同産地 28.MAY.'10
クリックすると元のサイズで表示します



神奈川県相模原市緑区 5.MAY.'13
クリックすると元のサイズで表示します
中間的な個体。

交尾 同産地 18.MAY.'13
クリックすると元のサイズで表示します

交尾 同産地 19.MAY.'05
クリックすると元のサイズで表示します
中間的な個体。

同産地 21.MAY.'11
クリックすると元のサイズで表示します
中間的な個体。

同産地 26.MAY.'12
クリックすると元のサイズで表示します
中間的な個体。



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ