2014/3/14

野球肘  

外側型野球肘の超音波画像です。

ほとんどの野球肘(外側型)は小学校で発症している事は統計上でわかっている事です。
そして早期発見し早期に治療できれば悪化を防ぎ保存治療で治す事が出来ます。
しかし今回のこの超音波画像の少年は14歳。小学校時代の11才に痛みを訴えていたが軽視してしまい悪化させてしまいました。

発見してから数人の医師と連携のもと固定による安静や関節周囲の筋緊張の緩和、疼痛の緩和など試み頑張ってきましたが軟骨移植手術をする事になりました。

やはりどんな怪我でもそうですが痛みを軽視してはいけません。

自己判断は時に手遅れになります。

ですからどんな些細な痛みでも信頼のできる専門家に相談してください。

では信頼できる先生とは?


信頼できる病院、治療院、接骨院は根拠を基に診断してくれ、治療のリスクと選択肢を与えてくれます。
(根拠とは徒手検査や画像診断・医学的根拠をもとに診察し診断する事)

辞書で調べると
【根拠】とは。意味や解説。1 物事が存在するための理由となるもの。存在の理由。「判断の―を示す」 @ 判断・推論などを成り立たせるよりどころ。行動などの正当性を支える事実。

とにもかくにも早期発見・早期治療をこころがけてください。

院長  日沖貴宣


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ