2006/7/21  15:22

スカ6 再修理  アマチュア無線

先日50MHz真空管式無線機SKYELITE6ことスカ6を使用していたらSメーターが振れなくなってしまいました。キャリブレ時にも振れません。

しばらく電源切って再投入したらメーター振れます。様子を見ていたら時間が経って熱を持ってくると振れなくなるようでした。

今日は気温が低いので真空管ものを扱うのには良いかな?とリグを引っ張り出して来ました。

キャリブレ状態にしてSメーター振らせて冷却スプレーを怪しいコンデンサーにかけていきましたら6BA6の側のIFTとアース間につながっているコンデンサーが不良のようです。画像↓

早速交換しようと思いましたが耐圧の解っているものはちょっと値が違いました。耐圧不足で燃えるのも嫌だったのでそれを交換してみました。今のところは大丈夫みたいです。30年以上前のリグですから何時また壊れるかわかりません....(^.^;

クリックすると元のサイズで表示します
0



2006/7/24  19:00

投稿者:HIROKI

真空管リグに使う部品はジャンクの蛍光灯インバーター基板からいただいております。(^.^)V

物によっては1KV級の耐圧の部品が使われております。(^.^)

2006/7/23  0:14

投稿者:JA8UZD/千葉

私のもFOSTEXのフィルムコンを使用しています。
問題は耐圧だけですのでそれをクリアーすればOKですので。
音質の関係はありますが、HiFiではありませんので問題なしです。
でもハイファイ考慮してFOSTEXにしました。
ははは。
うそです、他になかったんですょ。

2006/7/21  18:08

投稿者:HIROKI

こんばんはRNA管理人さん!

オイルコンの代わりにフィルムコンでもOKのようです。画像真中上部にでっかい四角いフィルムコン使ってますよ。(^.^)

2006/7/21  17:16

投稿者:RNA管理人

直って良かったですね。
いつものことですが、壊れますといやなものですね。さすがは、GTR局、手際よく治しますね、感心します。
最近はローカルのRIGの修理に没頭しています、近いうちにスカ6の結合コンデンサーを交換したいです。オイルコン無いので、他のものを代用します。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ