2007/3/7  16:02

デジタル容量計キット  アマチュア無線

秋月電子通商で購入した「デジタル容量計キット」を組み立てました。

購入して五年間放置していて昨日、基板を見たら酸化して黒ずんで半田が全然乗りませんでした。(^.^; フラックスを塗り錆びを落としブレーキクリーナーで洗浄しました。なんとか完成させました。

ところが三端子レギュレータに電圧がかかりません???と思って導通を確認したらパターンが切れているようです。目視では全然解りません。別のパターンの穴を利用してやっと電圧がかかりました。(洗浄してパターンが薄くなったのかも?)テスターで一応電圧かかる個所を確認しいよいよICをソケットに挿入。電源ONしかしLEDが点灯しません。???基板を裏返して確認中LEDが点灯しました。再度基板を確認したらパターン切れ個所を発見。手直しして無事完成。

画像は校正用コンデンサで調整している状態です。CDケースをケースに利用しましたが、厚みが足りないようなのでまた別のケースを探します。

これでコンデンサの容量を読むことが出来ます。銀の仏壇ことNRD-1ELの修理も進むでしょうか。(^.^)

クリックすると元のサイズで表示します
0



2007/3/9  14:47

投稿者:HIROKI

こんにちはRNA管理人さん!

これでNRD-1EL直ってくれればいいですが....苦戦中です。(^.^;ここ数日は触ってませんが。

老眼来てしまったようです。残念。(^.^;

高級リグを狙っているのですね。私は最新の物には触手が動かなく古い物に動く様になりました。これも歳のせいでしょう....

JA8のオヤビンは大変ですね。早く体調良くなっていただきたいもんです。

2007/3/9  9:20

投稿者:RNA管理人

おはようです、パターンの半田、よくありますね、もう最近は故障した場合は、半田部の色を目視です。

 でも、辛いです、老眼は、、、、、、これで、JRCのAGCは直りますね、頑張ってください。

 JA8の親分は体調が悪そうですね、、、暖かくなればまた元気になるでしょう。

 おいらは、940に代わる、次期RIGを探ってます、、、今のところ、IC−7800、FT−9000D、FT−2000、IC−756PROV、古いのでTS-870、、、IC−736、TS−950SDX、とても現実のふところとかけ離れてます。夢、夢、夢、このような夢が開局当時はあったんですが。。。

http://www15.plala.or.jp/jr1rna/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ