2007/5/18  19:29

NRD-1EL  BCL

修理&調整の済んだNRD-1ELをケースに入れました。いやはやこのケースだけで3kgはあろうかと重量級です。(^.^; 総重量30kgです。

1970年代は有名なBCL先生方お使いのコリンズ等1KHz直読出来る真空管受信機が憧れでした。このNRD-1ELは当時の最悪受信機?ユニカUR-1AII+一万円程で入手しました。当時はとても買えなかったでしょうが、(当時でも百万以上!)今こうして入手できて楽しく聞いております。

1969年4月製です。私が8歳の時ですね。以下取り説から抜粋しました。

1.受信周波数範囲
0〜30MHz
2.受信方式
0〜6MHz トリプル・スーパー
7〜30MHz ダブル・スーパー
3.受信電波形式
A1,A2,A3,A3J,A3H
4.受信感度
0〜1MHz A1 30μV以下 A3 100μV以下
2〜30MHz A1 2μV以下 A3 6μV以下
S/N:20dB 出力:100mW
5.選択度
1KHz 6dB帯域 1〜1.5KHz 60B帯域 8KHz以下
3KHz 3〜4KHz 11KHz以下
6KHz 6〜7KHz 42KHz以下
6.イメージ比
2〜13MHz 70dB以上
14〜29MHz 50dB以上
7.AGC特製
入力3μV〜100mVの変化に対して低周波出力の変化10dB以下
8.低周波出力 1W以上
9.中間周波出力 0.1V以上(75Ω)IF出力端子がありDRM受信に使えそうです。(^.^)
真空管18本使用。送信機との切替え回路にトランジスターが1個付いてます。
何よりも音がいいです。(^.^)

クリックすると元のサイズで表示します
0



2007/5/20  15:08

投稿者:HIROKI

こんにちはKUUGAさん!

ええとーっても重いですよ。二階に持ってくるのが大変でした。(^.^; 足腰にきます。

いずれ、一階に重量のある物は移動する予定です。

2007/5/20  13:14

投稿者:KUUGA

HIROKIさん、こんにちは。
ご自分で調整されたNRD-1ELは最高の宝物ですね。

それにしても、重そう!

2007/5/19  6:53

投稿者:HIROKI

おはようございますTSUYOSHIさん。
感度はまあまあですよ。ハイバンドはどうしても落ちてしまいますがね。

DX受信に関しては今の受信機とは比べ物にならないでしょうが、音質がいいですから国際放送や海外日本語をゆったり聞きたい受信機です。(^.^)

2007/5/18  21:21

投稿者:TSUYOSHI

今晩は。
小生には想像もつかない立派な受信機ですね。感度はいかがでしょうか?どこか聴けたらまた教えてください。

http://fukkurachan-bcl.cocolog-nifty.com/blog/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ