2007/5/20  13:53

NRD-1EL PTO  BCL

NRD-1ELと言えばコリンズ社で有名なPTO(Permeability Tuned Oscillator)を採用しているのが特徴でしょうか。従来のバリコンで周波数を変化させるのではなくコイルのコアで変化させる方式です。なんでも直線性がよいそうで。

1974年4月号CQ誌の特集「コリンズの技術を語る」によるとこのPTOに使用されている二本の真空管6BA6はメーカーによってまたARINC、MIL規格で驚くほど特性差があるそうです。Tung-solというメーカーのARINC規格の真空管が一番良いと書かれてあります。まあへたに真空管を交換するのではなく付いて来た真空管を使うのがよろしいそうです。

で、近くにあるモーターはスイッチで左右に1MHzの間をスピーディーにPTOを動かし周波数を換える事が出来る物です。なかなか面白く便利な装置です。(^.^)

クリックすると元のサイズで表示します
0



2007/5/20  23:34

投稿者:HIROKI

こんばんは、わかなさん!
そうですね。もう二階の部屋は他の無線機の重量で心配なので、重量のある物は一階にスペース作って置く予定です。いつになる事やら....

2007/5/20  18:58

投稿者:わかな

こんばんは。
置く場所に困りそうですね。
私も大きいRXが好きな方なのであこがれます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ