2007/10/20  19:14

ちょいとビックリ!  プログレッシブ・ロック

初歩のラジオ1973年9月号を懐かしく見てビックリ!

20数年前から数万円は下らない価格で取引されていたキース・ティペットの「ブルー・プリント」が紹介されているではないですか!!

キース・ティペットはキング・クリムゾンの2nd3rd4thにピアノで参加しておりますが、クリムゾンのロバート・フィリップは前衛ジャズの要素をこの時に取り込んだのでしょう。(^.^)

キース・ティペットのその後の「オーバリー・ロッジ」は聴いて気に入りLP持っておりますが、「ブルー・プリント」のLPは高くて買えないです。(^.^;

クリックすると元のサイズで表示します
0



2007/10/23  11:07

投稿者:HIROKI

こんにちは、もやしさん!

4chのレシーバーまだ持ってますね。動くかどうかわかりませんが....(^.^;

AN-12が良好ですか。(^.^) こちらはプリセレでも作ってみようかなと思っております。長波はロシアはよく聞こえてますが、モンゴルがなかなか聞こえないです。

2007/10/23  0:33

投稿者:もやし

実を言いますと、34年前の我が家はSONYのSQ4chステレオを買いました。「これからは4chの時代です! SONYの4chステレオはSQ,QS,RMのデコーダー搭載となっています。」のうたい文句に誘われて購入してしまいました。でも、SQ対応のレコードがほとんど売られておらず、我が家にあったSQ4chのLPはサイモントガーファンクルの「明日に架ける橋」だけでした…。

あ、長波のループアンテナですね。AN-12の感度がそこそこ良く、回転させる必要もないので、ほとんどこちらを使っています。長波のコンディションが上がってきたようで、153kHzのラジオ・ロッシが元気よく入感しています。

http://blog.goo.ne.jp/moyashiinoue

2007/10/22  6:52

投稿者:HIROKI

おはようございます。もやしさん!

こちらこそ御無沙汰しております。ブログは毎朝拝見しております。(^.^)

4Ch懐かしいですよね。音が360度回って歩くデモレコードなんかありましたね。

ところで以前購入された短波用ループアンテナの効果はいかがでしょう?

2007/10/21  20:22

投稿者:もやし

お久しぶりです!

キース・ティペットは存じ上げませんが、記事の「RM4ch化」に時代を感じました。SQ4chとかQS4chとかいろいろな疑似4chが乱立していましたね。ビクターのディスクリート4ch(一応、完全分離型4chです。)も一時期脚光を浴びましたが、結局は全滅でした。きっと日本の狭い家屋で4chは無駄だったのでしょう…。

時代が移って、現在はDVDなどの映像と結びついた5.1chが結構普及しているようですね。時代は繰り返すってやつでしょうか。

http://blog.goo.ne.jp/moyashiinoue

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ