2009/5/22  19:15

Re:NRD-1EL とりあえず...  BCL

ここ一ヶ月毎日NRD-1ELに電源を入れて2〜6MHzの様子をみてましたが、一度たりとも受信出来ないことはありませんでした。では修理完了と言う事で!(^.^)V シールドパネルを取り付けました。

現在のプリント基板同様、昔の実体配線でも半田の接触不良はあるのですねぇ。(^.^; まあ30年以上も経てばそんなもんかもしれません。(当然・必然?)6mの真空管リグ、スカイエリート6でも同様の故障を体験しました。

クリックすると元のサイズで表示します

ついでに?NRD-1ELの性能にかかわっている定電圧管、真中の一番上の球ですが、今一ムラサキ色の怪しい色が出てませんねぇ。(^.^; もっと性能が良いデジカメならよかったでしょうが。(^.^; 実際はムラサキ色が綺麗です。(^.^)

クリックすると元のサイズで表示します
1



2009/5/25  14:13

投稿者:HIROKI

Vicさんこんにちは!

なんとか直ったようです。後はプリセレとΔLoopの製作ですか。(^.^)
あ!真空管アンプ二台修理が残ってました。(^.^;

真空管の紫色の輝きはコロナ放電とか言ったと思います。

2009/5/23  19:13

投稿者:Vic

HIROKIさん、こんばんは。私、今日も仕事ですが、得意のサボってアチコチで出没しています(笑)。
修理完了ですか?
古い機材を修理しながら大切に使うというのは「素晴らしいこと」です。
真空管を眺めていますとと癒されますね。

紫色の輝きは真空管にとっていい色なんですよね。
確かそうだったと思います。
私の真空管アンプのKT-88は新品時代(2年前)からずーーと奇麗な紫色で輝いています。
さて、また「釈迦に説法」で失礼しました。


http://blog.goo.ne.jp/vic142178

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ