2009/6/12  11:54

NRD-515 その4  BCL

今朝AIRを聞いていたら突然音が出なくなりました。(^.^; 各SWをいじくり回したらバンド幅ワイド(6kHz)にすると音がかすかにしか出て来ない状態でした。他のバンド幅では正常に音が出ます。ガックリ....Orz

まずはクリスタルイヤホンでフィルター回路の前後を探ろうと準備しました。(考えたら(考えなくとも)RF回路ですから音声が出るはずがありません)イヤホンにみの虫クリップとテスター棒を接続して部品の足を探っていったらSPから音が出る部品に辿り着きました。

画像テスター棒の先端にある茶色いコイルL112の半田クラックが原因のようです。後で基板を取り外して再半田の必要があるでしょう。まずは音が出る位置にしております。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

えい!思い切って基板を裏返しました。思ったより簡単でした。案ずるより産むが易しですな。(^.^)

L112の半田個所を老眼鏡かけて見ても特別異常は見つかりませんでしたが再半田、他にも怪しい個所を再半田し組み立てました。今度はL112を動かしても音が消えることはなくなりました。(^.^)V

クリックすると元のサイズで表示します
0



2009/6/13  16:57

投稿者:HIROKI

化石さんこんにちは!

今回のNRD-515も半田割れがくさいと思っております。
XYZ_Orzさんのは二台ともダイオードカットしておりました。(^.^) 中波DX向きですか!それは楽しみです。

またお越しください!!

2009/6/13  16:52

投稿者:HIROKI

電波竿さんこんにちは!

指の痺れ心配ですね。重大な病気の前触れでないのをお祈りしております。日本の医者に診てもらいたいですね。中国にも名医はいるでしょうが。(^.^)

2009/6/13  16:37

投稿者:化石

HIROKIさん
XYZ Orzさんのところから飛んできました。
この時期の受信機はハンダ浮き、ハンダ割れはしょうがないでしょうね。
それにリレーの接点荒れも多いようです。
うちにも発売直後の初期ロットの515がありますが時々通電とロータリースイッチは動かしています。リレーは密封型に変更してあります。
音が悪いのはJRCの特徴(?)でLine outからプリアンプとイコライザーを通してメインアンプでスピーカーを鳴らしていました。
プリチューンのおかげでMW DXingにも何とか使えました。同調型パッシブループに共聴用ブースターを通して(ローカル局が出ているときはブースターのモニター出力 約10dB)オセアニアMW局を数10局稼いでくれました。MW用のATTはカットしていました。
まだ遊べる受信機です。

リレーの接点荒れは現用のR-9000でも今年でて、ある日突然HF帯の感度が急に落ち、RF段がいかれたと思いましたが、数ヵ月後にEspに備えてVHFの感度確認をしていてダイヤルでHFに下げたところリレーの異常切り替え音と共に復活した経験があります。
現在はHFの感度もOKですがディスプレー電源が出力しなくて、外付けの7inchディスプレーで稼動させています。
平成6年製の9000ですがそれでも10数年たっていますので電源基板のハンダ割れ、コンデンサーの容量ぬけが考えられるのですが、聞くのに忙しくて確認ができていません。多分青木電化で修理ということになりそうです。

がんばって遊んでみてください。

2009/6/13  15:06

投稿者:電波竿

さすが〜Dr.HIROKI すごい!!
そのクリスタルイヤホンでおいらのしびれ指、見てもらいたいもんです。
半田治療はチョット遠慮しますが…

http://denpasao.spaces.live.com/default.aspx

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ