2009/6/22  14:29

JRCの受信機  BCL

PWR2005の別冊付録「受信機・アンテナ選択ガイド」という小冊子にJRCがプロ向け以外に製作した受信機に関して少しだけ触れられておりました。

NRD-505:装甲車のように作られた
NRD-515:今日までラジオ鑑定家に崇拝されている
NRD-525:がっかりさせられた
NRD-535:すぐれた受信機
NRD-345:適正価格

私はNRD-515以外持っていないので比べようもありません....Orz

クリックすると元のサイズで表示します
3



2009/6/26  11:11

投稿者:HIROKI

化石さんこんにちは!

やはりそうでしょうね。JRCからアマチュア向けトランシーバー販売された時は知り合いのOM連中も狂喜しておりました。(^.^)

私が新品で購入前に廃番となってしまいました....が、サービスが良く好印象を持っている無線機会社です。(^.^)

2009/6/26  11:04

投稿者:HIROKI

アグルさんこんにちは!最近書き込みしてませんが毎日ブログ拝見させていただいております。
アンテナも仮設置されたようで。エレベーター式のタワーを上げられるとか?非常にFBですね。こちらは18mHのコン柱上げてますが登るのが億劫で困ってます。(^.^;
JRCの受信機はお陰様で良く働いてくれてます。(^.^) NRD-515は電源のICの発熱でケースの後ろ結構熱持ちますね。真空管式のNRD-1ELと変らないくらいです。1ELはぶ厚いケースのお陰ですかね。

2009/6/26  2:21

投稿者:化石

アグルさん
アマチュア機がプロ機の営業の邪魔をしていたというのもアマチュア機撤退の原因ではなかったかと邪推しています。
545を某官公庁に納入するためにラインを再稼動したと聞き本当に驚きました。
505, 515がプロ機と遜色がなく、価格が半額以下ということで一部のプロユーザーに使用されたというのは聞きましたが、まさか大量発注の官公庁がアマチュア機をいくら予算を絞られたといっても購入するとは思っても見ませんでした。
それだけJRCのアマチュア機がプロ使用にも耐えうるほど良かったという証明にはなるのですが。
ICOMのR9000も価格はまあまあでしたが、これも官公庁のVU監視用に納入されていましたし移動監視車にも乗せられていましたからアマチュア用受信機がプロユースで使われることもまれではないのでしょうが・・・

2009/6/25  21:42

投稿者:アグル

Hirokiさん こんばんは。
その後JRCの受信機はいかがなもんですか?

私の先輩がJRCに仕事で用事があって訪問したところ555の発売は絶対にないと言われたそうです。このご時世ですので、利益にならないものは作らないのは当たり前ですね。

NRD−535Dのフルオプションバ−ジョンはうちにもありますが、周波数が真ん中で見れない点を除いて、545と比べると非常に操作しやすいですよ。うちの515も後老体ですが、なんとか頑張っていますよ!

私もあと505と525をなんとか揃えたいのですが、なかなか難しいです(笑)


2009/6/25  9:21

投稿者:HIROKI

化石さんおはようございます。
JRCについて詳しいお話ありがとうございます。m(_ _)m NRD-535ぽちりそうです。(^.^;

ICOMの受信機は通信型にかかわらずTONE調整がついてますね。外部SP替えるだけでも大分音質も変わりますね。

2009/6/25  8:07

投稿者:Vic

化石さん、おはようございます。
なんか、JRCの現状、とても残念ですね.....

http://blog.goo.ne.jp/vic142178/

2009/6/24  19:16

投稿者:化石

JRCにはもうアマチュア担当部門はなくなりました。JAIAの会員会社でもなくなりましたので、新しく担当部門が設立されない限りJRCからはアマチュア向け受信機は出てきません。
アマチュアに理解があった細貝さんが退職されたことも大きな要因だと思います。(現在細貝さんはJARLでご活躍です)
545に関しても製造中止が伝わった後に再販されたのは官公庁からオーダーが入り、ラインが動いたためでこの時期に販売されたのが最後です。
もうこの時点でアマチュア担当部署はなくなっていました。
次期モデルの555が設計も終わり、プロト機もできており、一部代理店に市場調査の訪問もあっただけにこれがお蔵入りになったのは残念でなりません。
設計的には非常に良いDSP機だと聞いています。

私はJRCの受信機の中では一部DXerには評判が悪いですがNRD-535が一番できの良い受信機だと思っています。
定格上は535と545は感度など同じですが、JRCの関係者の方によると535のほうが感度も多信号特性も上回っているということです。
JRCはこれでもう少しオーディオ段に気を使ってくれると良い受信機になるのですがいかんせん音の悪さが気になります。
R9000は感度も多信号特性もはるかに545に劣りますが、音のよさで十分太刀打ちできます。
ToneのBass,Trebleが独立しているだけでもかなり違います。
SSBの音がAMの音とほとんど変わらないのも私はR9000で始めて経験しました。

2009/6/24  7:37

投稿者:HIROKI

Vicさんおはようございます。

JRCは中学時代に知って特に活動した訳でもないのですが印象に残ってます。PWRはBCL復活後初めて買った2007年版表紙のビニールがはげてボロボロになりました。三才ブックスのBCL本もはげてくるのでそれ以降は購入後すぐに半透明のテープを端に張り保護しております。画像の本はバックナンバーで購入したので丁寧に?扱ってます。(^.^)

2009/6/23  23:46

投稿者:Vic

すみません。たぶん NRD-630まだ製造しているようですね。お騒がせでした。
ホッ、一安心。買えもしないのですが。

HIROKIさんのPWR本は奇麗にされていますね。
私のPWR本は前回初めて買いましたが、すでにボロボロです(悲)。

http://blog.goo.ne.jp/vic142178

2009/6/23  23:30

投稿者:Vic

HIROKIさん、
JRC : 最初にイメージするのが日本赤十字とは恐れ入りました。
以前、ボランティアとかで活動されたんですか?

私はまず「日本無線株式会社」そして
Japan Radio Co.,Ltd
この英語の社名も、響きがいいですね。ミーハーですか。
昔の業務用無線機器のイメージがそうさせるのでしょう。
NRD-545の後継機なんてないんでしょうか。

そういえば NRD-630 ですが米国では製造終了(Universal Radio)となっていますが、日本のJRC Web ではまだ製造しているような...どうなんでしょう。
買えもしない超高額受信機のことを悩んでもしかたないのですが、気になります。

http://blog.goo.ne.jp/vic142178

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ