2010/8/18  21:37

R.コーチマンとハックル・プライヤー  フライ・フィッシング

クリックすると元のサイズで表示します

オリジナルのような濃いブラウンのハックルではないが....




なんとかそれらしく見えるようになりました。(^.^; 故東氏が利用していたちょいと高い日本酒の包み紙等に使われている物をウイングに使ってみました。ウイング・フォーマーで焼いた後、鋭角に切りオリジナルに近い形にしてみました。

クリックすると元のサイズで表示します

ご覧のハックル・プライヤー羽根を掴んでも滑って抜けてしまいます。(^.^; そこで以前の物同様、熱収縮チューブを取り付けてみたところ良い感じになりました。

これは電気関係測定器のプローブを利用した物のようです。考えましたね。(^.^)

クリックすると元のサイズで表示します

他の滑るプライヤーにも取り付けてみました。一番手前の物はインド製サンライズ社の物で片方は金属に模様を彫り片方はプラッチック?で一見滑らないように見えますがまったくダメでした....これで滑らなくなりました。
0



2010/8/20  8:21

投稿者:HIROKI

はらさんおはようございます!

この間は暑い中ご苦労様でした。

おふたりにいただいたMARUTOのフック、品質も良くリーズナブルな価格だったので早速6セット、ネットで注文しました。(^.^) 今日あたり届くかな?

2010/8/19  22:23

投稿者:はら

こんばんは。
この前はいろいろお世話になりました。

ウイングやツールの工夫がいいですね。
僕も熱収縮チューブを試してみようかと思いました・・。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ