2010/12/4  10:52

相棒....  アマチュア無線

クリックすると元のサイズで表示します

30年近く使用しているテスターです....







テスター棒のケーブルが根元から切れましたので再半田して直しました。学生の頃キットを組み立てた物です。測定器で校正しましたがクラスでも1番良い性能に出来上がりました。(^.^) 現在でもこれがないと修理に困ります。また最近のテスター棒と違って導体部分が測定側、テスター側どちらも露出しているのでスイッチ等ショートさせて不良か判断でき重宝しております。(^.^)

クリックすると元のサイズで表示します

フラッシュで光って見難いですが赤で目盛られたゲージがほとんど見えなくなってます。(^.^;

クリックすると元のサイズで表示します

アクリルパネルにひびが入ってます....そりゃ道具箱に放りっぱなしなので仕方無いですが....(^.^;

クリックすると元のサイズで表示します

仕事に無くてはならない相棒ですのでピカールで磨き上げました。ひびは流石にどうにもなりませんが、ある程度綺麗になりました。(^.^)
0



2010/12/10  0:13

投稿者:HIROKI

山田成さんこんばんは!

沢山端子穴のあるテスター懐かしいですね。(^.^)

最近はCの容量やTRのhFE測定出来、しかも安い物が出ていて驚きです。

2010/12/9  19:39

投稿者:山田成

みなさんテスター長く使っておられます。
私も、最初に買ったものが今もあります。
ロータリー式でなく、穴の沢山開いた差込式のものです。
レンジを間違いやすいといわれたからです。
最近のテスターは良いですね。レンジ間違えても保護回路があり、故障せず使えます。
ただ、テスター棒の先が半分電撃で吹っ飛びましたけど。

2010/12/6  10:25

投稿者:HIROKI

電波竿さんこんにちは!

テスターも測定レンジ間違わなければ長持ちしますね。(^.^)

HIOKIとHIROKIに突っ込みですか!一本取られましたね。(^.^)V

2010/12/6  9:54

投稿者:電波竿

Dr.おはようございます。
アパート大家さんの電卓なんてもんじゃないですね!長持ちするんですね〜JA8UZD/千葉さんの物は40年ですか〜ビックリ(@_@;)

ところでそのテスター何か抜けていません?
HIOKI ”R"が抜けています〜!!(^^♪

http://denpasao.wordpress.com/

2010/12/5  11:35

投稿者:HIROKI

Vicさんこんにちは!

電解コンデンサー測定したのは秋月のキットを組み立てた物です。容量計ですね。(誤字でした)

500円くらいのアナログテスター秋月から買った物もこの間抵抗測定レンジで反応しなくなり電池を見たら液漏れ寸前でした。(^.^; 危ない危ない....

Vicさんもテスター長生きしているようで使用方法の基本が出来ているのでしょうね。(^.^)店で従業員雇っていた頃は壊して数年で買い換えておりましたよ。

2010/12/5  11:01

投稿者:Vic

HIROKI さん、おはようございます。

私も高校生の時のテスターを使っています。
メーター好きなのでデジタルが必要ない時はこちらを使います。
数字よりメーターの振れ具合で判断できますね。

先日、このテスターの電池を交換したのですが、たぶん最初から入っていた電池でした。
腐食直前でセーフでした。

電解コンデンサ、デジタルで検出できない故障をアナログでは判断できるとは凄いですね。

永遠にアナログ人間には嬉しい話です。

http://blog.goo.ne.jp/vic142178

2010/12/5  2:44

投稿者:HIROKI

そういえばこんな事もありました。
デジタル容量型では正常な値の電解コンデンサーでしたがアナログテスターの抵抗測定レンジで試したら充放電出来ないようで針が戻って来ない物がありました。完全に不良品ですね。

これもアナログテスターゆえに診断出来る例かと。(^.^)

2010/12/4  14:15

投稿者:HIROKI

千葉OMこんにちは!

アナログはアナログで良い点がありますね。(^.^)
人によっては測定レンジを間違えて数年で壊す人も居るようで....

2010/12/4  12:22

投稿者:JA8UZD/千葉

こちらは日置のTX-50を使用しています。
もう40年近く経つでしょうか。
プラスチックの修復には、スーパーボンドA/Bがいいでしょう。
こちらのはまだ大丈夫ですが。
アナログテスターはやはり便利ですね。
電源入れなくてもいいですし、やはり手軽で一番です。
アドバンスドのテスターもありますが、いちいち電源を入れなくてはならないですし、面倒です。
変化を見るにはアナログが一番ですね。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ