2015/8/4  16:35

レコードの針飛び修復  プログレッシブ・ロック

クリックすると元のサイズで表示します

レコードの針飛びの修復に挑戦してみました!(^0-)/

クリックすると元のサイズで表示します

くれぐれもどうでもいいようなレコードで試して下さい!私にはコレでした。(^0^; Webサイトを検索すると色々と針飛びの修復方法が出てきます。その中でレコードに優しそうな爪楊枝を使用した方法を試してみました。
矢印の傷が針飛びの原因のようでした。レコードを以前紹介したシートに乗せて爪楊枝をカートリッジが回転する方向、反時計方向に溝を爪楊枝を垂直に立て使用し傷前後1cm幅でなぞっていきました。やっている時はコリっと手応えがありました。

クリックすると元のサイズで表示します

最初先日修理したP-500MCで再生してみたところ傷のプチ音は出るものの見事に針飛びなく再生できました!(^0^)/

クリックすると元のサイズで表示します

愛機SL-M1でも見事に再生できました!(^0^)V爪楊枝様々ですな!(^0-)/
くれぐれもダメもとでいいレコードで試してからやってみてください!

しかし新品、中古合わせてLPレコード1.000枚程持ってますが針飛び起きたのはこの一枚だけです!よっぽど運が良かったのか?
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ