2015/8/31  10:09

敗者?復活!!  オーディオ

クリックすると元のサイズで表示します

カートリッジ取り付け用ヘッド・シェル使用するために購入したプレイヤー....

クリックすると元のサイズで表示します

歯ブラシを使用したレコードの溝に入っているホコリをかき出すレコード・クルーナー機にするため、カートリッジ代わりの歯ブラシを切断!!

クリックすると元のサイズで表示します

オリジナルのビスは足が短かったので別のビスを使用。

クリックすると元のサイズで表示します

そのままでは針圧がかからないので五円玉を両面テープで貼り付け....

クリックすると元のサイズで表示します

いざ!クリーニング開始!無事に最後までトレースし、アームが戻ってきました。(^0^)

クリックすると元のサイズで表示します

結構ホコリがとれましたし、レコード盤の上にもホコリが乗ってましたのでオーディオ・テクニカのベルベットのクリーナーでクリーニングです!

クリックすると元のサイズで表示します

クリーニングも早く終わらせる為回転数45に!!これでこのジャンク・レコードプレイヤーも復活出来ました!めでたし、めでたし!!(^0-)/
0



2015/9/1  17:28

投稿者:HIROKI

Vicさんこんばんは!
これはやっている方が大勢いらっしゃると思いますよ!(^0-)/ 私は以前このブログにも書いたと思いますが歯ブラシの柄に穴を開けて爪楊枝を立ててアームの反対側に取り付けやってました。(^0^)

結構ホコリ取れます!トレース後歯ブラシを撫でるとパラパラとホコリが落ちます。その後再生すると今まではカートリッジの針にホコリがついてましたがほとんど無くなりました。

試しにYAMAHAにこのプレイヤーのヘッドシェル注文したらいくらかかるかたずねたところ、もう生産中止品と言うことでした!残念....もう一台レコード・プレイヤーが完成?するとこだったのに!


2015/8/31  23:19

投稿者:Vic

HIROKI さん、こんばんは。
これは発明的アイディアですね。
アナログ・オーディオならではのメンテナンス、それも楽しそうですね。
我が家にダンボール箱に眠ってるレコードも何とかしなければ!

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ