成道会ブログ

 

カレンダー

2021年
← February →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

QRコード

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:SYMY
はじめてコメントさせて頂きます。
自分は某所で同じく太氣拳を学ばせて頂いている者ですが、上の解釈、大変興味深く拝読致しました。
自分もおおよそ同じように考えていたのですが、非常に明晰判明にまとめられており、大変納得できました。
太氣拳の動きはクマが二本足で立った時に似ていると思っていたのですが、「肩がない」というところは気づいていませんでした。言われてみればその通りです。
相撲の突っ張りにも通じるところがあるように思います(相撲をやったことがないので違うかもしれませんが)。
太氣拳では劈掛というか、上から叩きつけるような打ち方をする場合がまま見られると思いますが、この動作は一般の格闘技からすると子供の喧嘩のように見えるのですが、上級者にこの打ち方をされると非常に重く、防ぎにくいものです。これもクマが袈裟懸けに殴りかかる感じに似ているように思います。
これからもブログの更新を楽しみにしております。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ