成道会ブログ

 

カレンダー

2022年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

QRコード

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:kamitani
私の場合は、10年以上前に有名なフルコン空手をやっていたのですが、成道会に入門してからどんどん体の使い方が柔らかい方へ高次元に変化していきました。それが散手にも表れ、目標となる動きがとれているかどうか検証していけるので、スムーズに上達するにはとてもよいシステムだと実感しています。立禅、這い、コンディショニング等を通じて、股関節のとらえや中心感覚の重要さを指導していただきましたが、ある時点でこの感覚が明確になり、それを境に昔やった空手を基礎にしたパンチも蹴りも全くリラックスしたまま楽に出せて、しかも従来と比較して威力倍増したのは劇的なブレイクスルーでした。こういう訓練システムはフルコン系の空手には無いと思います。そして、このリラックスしたままの打撃の攻防技術が身についてからは、先生先輩方のご指導により、さらに太気拳の打撃が出来るように意識して練習していますが、最近、それらしい段階に入って散手の質がまた変わってきたようです。まだ初段とったばかりの私が言うのも全くおこがましいのですが、実際の散手の中で動きの質がどんどん高次元に変わっていく、この発掘作業と発見はものすごい感動で、これから入門される方々には是非味わっていただきたいと思います。私も社会人になってすっかりダメになった体を何とかしようと健康のために始めたつもりがだったのですが、、、ハマってしまいました。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ