2009/4/24

授業参観  幼稚園・学校生活

毎年この時期の1週間“両親の週”というものがあるらしい。
日本でいう授業参観ウィーク。全クラスがいっぺんにやると
学校近くが大渋滞になるし構内も大混乱なので、学年や
クラスによって順繰りにやっていくのでこういう名前
なんですね。

去年の今頃はまだ日本にいたので、そういえば参観日は
初めて。行ってみてまず驚いたのは、来ている親が少ない
こと。のんのクラスは確か27人くらいいたはず。でも
来ていたパパママは6−7人。ま、平日午前中なんで普通は
仕事をしてる時間。でもここの仕事って職種を問わず1時間
くらいならどうにでも都合つけられそうな感じではあるん
だけどね。まだ幼稚園だからやってることなんて、見なくても
わかるって感じなんでしょうかね。ママンにとっては結構
面白い時間でした。例えばね…

登校時、カバンを教室前のかごに放り込むと、みんな
お庭で遊びます。雨の日は奥の大きい部屋でTVを
見たりします。始業時間になると、担任が先頭になって、
子供たちが2人づつ手をつないで列になって教室に
入ります。日本のように運動会の練習とかないから、
整列をこうやって教えるのね、ふむふむ、と納得のママン。

クリックすると元のサイズで表示します
教室の入り口には
今日のおやつ 天気  お休みの人
なんていうパネルがあって、今日のお当番さんがそれぞれ
答えを選んで貼り付けてました。

クラスは4つのグループに分かれていろいろな課題を
することになってるようです。
クリックすると元のサイズで表示します
アシスタントの先生と絵の具遊びをするグループ。

クリックすると元のサイズで表示します
担任の先生と単語カードみたいなのでゲームを
するグループ。

クリックすると元のサイズで表示します
のんは机の上にあった課題を各自でやる自習組。

こんなことをしていました。
クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します







クリックすると元のサイズで表示しますその間にもミニカーやおままごとで
遊び始める子がいたり絵本
コーナーで本を見ている子
もいたり、とても自由(勝手)
な雰囲気。

授業中うろうろしてもいいんだぁ…
う〜ん、カルチャーショック。
確かに幼稚園時代、ずっといすに座ってたわけじゃ
なかったけど、全員先生のほうを向いて話を聞いてる
ことのほうが多かった気がします。
遊びの時間もあったけど、遊ぶときも全員一緒の時間
だった気がします。

同僚ママたちに聞いても、ここの幼稚園はこの
やり方が普通みたいです。

10−15分くらいひとつの課題をさせると入れ替えが
あって、別のグループがしてたことを順繰りにしていったり、
いったん全員集まって先生と頭からつま先まで体の
パーツの名称を言いながら体操をしてみたり、
あきさせないようにこまごまといろんなことを
やらせています。

クリックすると元のサイズで表示します

先生がのんのグループにジャックと豆の木の本を読んで
あげながらお話について質問していきます。あてられても
黙ってる子、他の子があてられているのにどんどん返事
しちゃう子、いろいろですね。
のんには仏語で本を読んであげることが、家ではほとんど
ないので話についていくのが大変なようです。
全然発言してなかったので、うちで先生がしていた質問を
日本語でしてみましたがやっぱりよくわかっていません
でした。「子供はすごい勢いで現地化するよ」ってよく
聞きますが、その子の個性にもよるんだなぁ、
と実感させられます。なかなか追いつけません。
環境の変化に強い子じゃなかったんだなぁ、動かすなら
もっと早い時期にすべきだったんだなぁ、とちょっと責任を
感じます。ただ逆に日本語を忘れる心配もあまりないので
それはそれでいいかと…
納得しようとしてみたり…難しいです

お話が終った後は
先生「みんなで蒔いた豆の種に水をやりに行こう!」

へぇ、そんなことしてたんだ。ふぅん。
なんにも言わないんだからもう…

ってことで水遣り風景も見学したけど、小さな鉢に
ジョウロじゃなくてバケツでジャージャー…  
それはちょっとどうかと。
芽の出てる鉢がいくつかあったけど、ほとんどは
流されてしまったのでは…のんのも芽はなかったわ


0



2009/4/29  19:19

投稿者:mamanmanon

kanamamaさん
お元気?しばらくゆっくりの予定かな?
他の皆さんから、新しいお仕事をしてる
メールをもらいました。みんなそれぞれ
頑張ってるのね。元気でいればそのうち
またいい話もkanamamaさんなら来るで
しょう。お互い体に気をつけて、ぼちぼち
頑張りましょう。
参観日は初体験でおもしろかったです。
やっぱり日本でも学年が上がるにつれて
親の数は減るものなのね。子供も来なくて
いいよとか言うもんね(笑)
でも日本だと参観日のために新しい服を
買うおかぁさんとかいそうだけど、こっちは
短パンでもジーンズでも何でもOK。
先生もそんな格好だしね・・・
毎日どーでもいい格好にすっぴんでの
送り迎えに慣れちゃうと、つくづく
日本は大変だなぁと思います。やっぱり
私には無理だったわ、きっと・・・

2009/4/29  19:08

投稿者:mamanmanon

yuquiちゃん
ドーナツやさんはこれです。駅近みたいよ。
http://blogs.yahoo.co.jp/custommania/57230023.html
そういえば昨日、友達が「サザンビーチの
アロハフェスティバル行って来たよ」
ってメールくれたり、なんだか最近茅ヶ崎
がすごく懐かしいです。お姉さまがお仕事
されてたあのレストランとか・・・
おいしいよねぇ。行きたいわぁ!!

なみっちはすごく順応性が高いのねきっと。
どんどん新しいことを吸収するから以前のは
一時的にしまいこまれちゃう・・・
でもちゃんとあるのよ。ブラジル帰ったら
またその引き出しがちゃんと開くのよ。
(スポンジなみっちと呼んであげよう!)
子供を選べないけど、そういうタイプの
ほうが親としては安心。親孝行だね、
なみっちは。

2009/4/28  18:25

投稿者:kanamama^^

久しぶりです!
幼稚園で本格的な参観日で素晴しいわ!
まのんちゃんも集中して頑張っているね!
家の子達が幼稚園の頃は遊んでいる所を見ている感じだったかな?
家の娘の本格的な参観日というのは学校入学してからかも!
1年生の頃は親も沢山きてたけど高学年になるとこれだけ??という感じです。
私は今しか見れない姿なので必ず参加してるけどね・・・
先生が読み聞かせして集中して聞いている子供たち可愛いね〜〜^^

そういえば今世界中で豚インフルエンザが流行しそうで怖いね!!
私はプー太郎なので引きこもってれば大丈夫かな??
まのんままも気をつけてね!!

2009/4/28  13:15

投稿者:yuquico

おぉっ!とうとう謎に包まれたベールの向こうを垣間見たのね!気になるよねぇ〜 子供の学校。
キレイな広い学校だね。やっている事もすごく新鮮。

今、日本の幼稚園に入れたけど、私…なんとなくブラジルの学校の方が自然だったかも…と思うようになりました。
皆 バラバラの事してたけど個性や自分のやりたい事を大事にするのもとっても良い事よ。
協調性や社会性が養えるのは日本の幼稚園の方がイイけどね…。
みんな同じ服きて、同じ時間に同じ事して 道具も一緒でみんな平等…。
ずーっと日本で育つならコレの方がいいのかな?なんて思うけど ブラジル戻る事考えたら もっと個性を持ってほしいと…私も色々と考えてしまい、納得しようと…難しいです。

本を読んでいる先生、父兄かと思ったよ!先生も自由な感じでイイよね。男の先生って新鮮!!ドキドキだわ。

子供は覚えるのも早いけど 忘れるのはもっと早いよ!ウチはポルトガル語、すっかり忘れちゃったよ(簡単な果物の名前も…)戻ったらまた一からやり直し。だからノンちゃんもフランス語も覚えてほしいけど 日本語、使い続けるのもすっごく大事よ〜!

あ、茅ヶ崎情報ありがとう!
ドーナツ発言がすごく気になるんだけど…それはどこっ?


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ