2010/1/31

シグナル島  観光スポット

ヨットクルーズ催行会社がスタッフ+家族を招待
してくれました。景気に左右されやすい、時間不規則、
ネットの普及でマージンは減る一方、などマイナス面の
多い観光業。でもたまぁーこういうおいしいこともあります。

クリックすると元のサイズで表示します
カタマランでオルフェリナ湾から出航。
この辺にはたくさんある無人島のひとつ、シグナル島へ
約1時間半のクルーズ。

クリックすると元のサイズで表示します
途中たらしていた釣り糸にタザーがかかり一同どよめく。
後ほど塩焼きになりました。おいしかった。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
着いたところはこんな。
ちょっと大きい子たちは桟橋からドボンドボン飛込み。
のんやもっと小さい子達は砂浜&浅瀬でそれなりに遊ぶ。
あぁ、なんて平和な一日。

持ち寄りのおかずとさっきのタザーで昼ごはん。
1日たっぷり遊んでお帰り。帰りは結構揺れたけど
ざぶんざぶんしぶきがかかるのが嬉しくってたまらない子供たち。
風が冷たくなってもデッキから動きません。



うちへついてシャワーを浴びて、晩御飯もすまないうちに
「ねむい〜」トコトコ 
マットに倒れこむなり
くたくたになるまで遊んでコテッと寝る。子犬みたい。
ここの子たちはしあわせだなぁ。ここにいると、のんには
兄妹がいなくてかわいそう、だけど兄妹みたいに遊べる子供が
周りにいっぱいいて恵まれてる、とよく思う。

小数点以下を覚えてないけど、ニューカレドニアの
出生率は2を越えています。日本でも沖縄は高いと聞きます。
いろんな手当てより何より、シンプルな暮らしが一番の
鍵かもしれないよね。
   


0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ