2010/3/6

おもちつき  季節・イベント

こんなところで、しかも新年でもないのにおもちつきがありました。
クリックすると元のサイズで表示します
なんでかっていうと・・・
ヌメアには日本人会というものがあります。
今まで入っていませんでしたが日本語補習校もこの日本人会が
運営しているものなので、入らないといけないらしく
このたび登録することになりました。
この日本人会が毎年参加している市営図書館主催の
日本週間 なるイベントがあって、その一環としておもちつきの
デモンストレーションもあったわけなんです。

「会の資金集めに、ついたおもちを丸めてきなことかつけて販売するから、
お手伝い出来る人は来てください」 というので行ってみました。
おもちってフランス人にはとっつきにくくて売れないんじゃないの?
というママンの思惑を裏切り、意外につきあがるやいなやどんどん
売れていく。一口大に小さく丸めてきなこやゴマをつけたのを
小皿に盛って200フラン。安いような高いような・・・

打ち合わせもほとんどなく味見するまもなく販売。
見た目も美しくないし、手伝ってる私たち自身
「正直どーなんだろ?」でしたが
めでたく完売し36000フランくらいの売り上げに。
びっくり。やってみるもんなんですね。
今日食した人たちが来年来るかどうかは知らないけど・・・

ヌメアには大使館はもちろん領事館というものもないので
パスポートの更新とか氏名の変更とか、そいうった公的届けは
すべてシドニーの日本領事館に依頼してやってもらうことになります。
ちょうど行く機会があればいいけど、普通はないので、お願いしておいて、
年に1回やってくる領事の巡回時にアポをとり手渡してもらう以外
道がありません。この日本週間はどうもこの領事の来る時期に合わせて
毎年行われるイベントらしくオーストラリアからやってきた
日本人の子供たちのダンスなんかもありました。

フランス人は意外と柔道とか合気道とかの武道好き。
ここにも愛好会があり、そういったところのデモンストレーションや
あとは日本人会の人たちのボランティアによる浴衣・着物の着付け大会、
お茶を教えているところもあるらしく、そこ主催のお茶会とか。
なんちゃってな雰囲気もすごくありつつ、でもこれ以上要求されてもね、
ってのもあり、こんなもんでいいんでしょう、ね。

ちなみに着付けを手伝った友達・・・
A「ぜんぜん巻きが足らないんだけど・・・どうしよう」
B「うん、脇が開いちゃうよね。っていうか帯も足らないけど・・・」
A「方結びしかできないよね」
B「うん・・・とりあえずとまれば御の字ってかんじ」

でも以上の会話わかんないからお嬢さんたちは笑顔です。
着物はフリーサイズ・・・のはずだけど世界的に通用するフリーサイズでは
ないですね、やっぱり。

クリックすると元のサイズで表示します
ヌメアの図書館は何年設立だか忘れましたが非常にクラシックな
コロニアルスタイルの建物で、なかなか味があります。
お友達と遊ぶのん。

今回初めて知ったけど、絵本の読み聞かせなども時々あるようなので
のんもこんどつれてきてあげようっと。


0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ