2010/8/29

運動会  季節・イベント



日本語補習校の運動会。入場行進から始まって選手宣誓、
君が代斉唱、ラジオ体操(懐かし・・・)と
本当にまるで日本の学校の運動会。

パン食い競争のパンがパンオショコラなのがここらしいポイント?
ちょうどいつもだったらおやつの時間、くらいなところに
組んであってナイス。”まるで日本の学校の運動会”とは言っても
生徒数は比べようもなく少ないのでお友達の参加もOKなゆるやかな
イベントです。だからまるっきりフランス人の子ども達も多数参加。
ルール説明がわからなかったのか手でむしりとる子どもも続出。
注意してやり直すも変わらなかったり・・・
あぁ、フランス人な一コマ。
まぁ、小腹が収まってよかったとしましょう、か。


去年、一昨年と見に行った時にも思ったけど、
トイレットペーパーの芯を使って作った紅白の玉を使って
かごをお父さんに持ってもらっての本当に手作りの玉入れとか、
手作りキルトのぞうりでのムカデ競争とか、長年日本語補習校に
携わってきた人たちの手を感じるイベントです。



お昼やから揚げが目立つ中、
ピクニックテーブルでワインをあけてたり
デザートのケーキを切ってたりするところもここならではかな?
ビール、ワイン、ウイスキーとフルコースで飲み、
リレーの保護者枠にも果敢に参加し、全身くまなく酔いを回す
お父さん達もここならでは?

年少の生徒達にもわかりやすいように、各自に別々な写真を見せて
それに写っている小物や衣装を身に着けた人をさがして一緒にゴールする
仮装大賞兼借り物競争。子どものためか自分のためか知らないけど
着ぐるみやカツラで張り切るフランス人父さん達。
(ホントに子どものためだったら)いいとこあるじゃん、な一コマも。


ちなみにうちは仕事で不参加。役に立たんな、まったく
人が休みの間に働く仕事は、若いうちは楽しいことも多いんだけど
家族ができるといろいろ不便なもんなんだな

最後はずっと練習していたBelieveをみんなで歌って。
みんなの一所懸命な口がとってもかわいかった。
そんな子ども達を見て涙ぐむかわいい先生達の姿も。

小さな島の小さな出来事。でも生徒達にとっては子ども時代の幸せな一日の
記憶としてきっと残るんだろうな。そんな幸せな子ども時代真っ最中な子
の成長を見られる親も幸せよね。関係者、参加者、皆さんに感謝。

思えば2年前、ここに戻ってきたばかりの頃、同じくらいの年の子が
いっぱいいるからなれるのにちょうどいいかと連れて行ったけど
まだ誰を見ても怖い時期だったのか終始ママンにべったりで
何も参加しなかったのん。もっと小さい子でも楽しそうに遊んでるのに・・・
と胸が痛みましたが、それも懐かしい思い出になりました。
競争 の趣旨は未だわかってないみたいだけど、人並みにニコニコ
参加できるようになりました。ホッ!東京のマミィ、安心してね。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ