2014/6/22

短期ピアノレッスン  お稽古事

のんこは先週、今週とまた2週間のバカンス。何か
進歩して欲しい、のでアクティビティをすすめるも、
あまりやりたい事はないらしい彼女。
「強いて言えば、、、ピアノ。」だって

ピアノってねぇ、っていうか音楽ってねぇ、
地道な練習が必要なんで、バカンスの間ちょこっとやったって、、、
っていうか、まずそんなピアノ教室あり得ないでしょ、、、
と思ってたら、フリーペーパーに 
Stage de vacances Cours de piano
(バカンス中のピアノレッスン)
とあった。

ほんと?と電話してみた。4回で9000CFP、
近所だし、一回40分バカンス中だけで全然構わない、
とのことでやってみることに。

サントマリー湾の見晴らしのいいアパートにレッスンに行く。
なんか内装がエキゾティックで不思議な空間だ。
インドネシアの人形劇に使われるマリオネットとか
インド?いや東南アジアかな?っていう木彫りの家具やデコが
あちこちに点在、赤いレースのカーテンがせっかくの海ビューを
遮って薄暗かったりして、魔法使いのお家みたい。

先生は感じのいいマダムで年少の初心者への教授経験
豊富らしく、てきぱきと飽きない様に塗り絵やゲームを
おり混ぜて進めていく。楽しく、でも甘すぎずで上手だわ
この先生。というのが母の感想。

四分音符とかそういう名称を一切すっとばし、白は2つ、
黒は1つと数えなさい、とか2回目は口で数えるんじゃなく
足を床につけて弾きながら足でカウントさせたり。
一枚につき一つ音符のかいてあるトランプみたいなカードで、
高い音のカードを出した方が勝ち、とする戦争ゲームを
させて音符の読み方を教えたり、なかなか面白い。
短期間だからまず楽しく飽きずに、ってのが最優先なんで
ゲームや塗り絵があるんだろうね。

ドレミしか出てこない4小節くらいのメロディをできるだけ
ゆっくり弾く、今度は符を口に出して言いながら弾く、次は
メトロノームにあわせて、メトロノームの目盛りをどんどん
下げて早く早く弾く、今度は音を出さずに弾いてみる、
手元を見ない様に目をつぶって、とかとにかくいろんな
弾き方をさせてみる。最後は暗譜。

超スローテンポや消音で弾くってのはタッチの訓練なのかな?
こんな練習したことないな、ってやり方だ。フランスでは
よくある方法なのか、それとも日本でも今はこんな風なのか
知らないけど結構ビックリ目

とにかくのんこは楽しそうだったし、うちの時間的事情には
とてもあってるので次回バカンスにはまたお世話になろうっとGOOD!






0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ