2014/11/27

Spectacle OCCE  季節・イベント

今年は学校のスペクタクルがない年、なのだけど
ノン子のクラスの担任は演劇やダンスが好きな人らしく、
「公立幼稚園/小学校の希望クラスのみの合同発表会に
 出てみない?大きなステージで発表するのよ!」
とクラスのみんなに聞いて希望者を募って準備してきたらしい。

そういえば随分前に
「全員は出られないからオーディションがあるの。
 私は鳥をやりたいんだぁ。ルー(親友ちゃん)も
 同じパートをやりたいの。一緒に選ばれるといいなぁ。」
とか言ってて、その後無事二人とも選ばれたとか、
衣装はこんならしい、とか話てたなぁ、と思ったら
もう発表会の時期だった。

10校合同発表会なのでチケットは各校に等分されて
販売されたらしいのよね。そして連絡ノートに販売開始の
お知らせが書いてあったらしいのよね。でも私ったら
忙しい時に話しかけられてとりあえずのサインしちゃったらしく
全然覚えておらず、、、
そういえば来週はもう発表会、という時になって
お母さん「チケットどこで買うのかしら?」
「もうないって」
お母さん「えぇぇ〜」
「連絡ノートに書いてあったじゃん。サインしてるじゃん。
 すぐいっぱい買った人がいるからうちの学校の
 割当分はもう売り切れちゃったんだよ。」
お母さん「えぇぇ〜」 ごめんm(_ _)m
観られないのか、、、とあきらめかけたけど
まぁダメ元で先生に連絡してみよ。。。
と聞いてみると

「他の学校で余っているチケットを本校に回して
 もらうように今手配しているので、もし手に入ったら
 お知らせします。舞台に出る生徒を最優先に連絡しますが、
 まだあと3人購入できてないご家族がいらっしゃるので、
 なるべく皆さんに行き渡るように手を尽くします。」
との事。

ほんとうっかりしてたわぁ。(ちなみに親友ちゃんちもあと3人の
中に入ってたよ。のんびりもの同士、ソリがあうってことかしらん)

と、そんなハラハラもあったんだけどね、3日間の公演の初日に、
明日のチケットがとれました、と無事連絡があり、ピザ屋も
なんとか友達に無理を言ってパパと二人で観に行けました。

ヌービルのThéâtre de l'ile
19世紀末に刑務所だった歴史的建造物を改造して作られた、
とは聞いた事があったので一度中を見てみたかったんだけど、
こんなでした。

クリックすると元のサイズで表示します


のんこの学校は、トリだ。
幼稚園の子達の不揃いで微笑ましくて、っていうダンスが
続く。こんなだったなぁ幼稚園の学芸会は、と懐かしい。

のんこの学校の出し物はライオンキング。劇?と思ったけど、
そうでもない。いくつかのシーンを抜粋したダンスで
台詞は一切なし。

全員が出られるわけではないと聞いてたので、
お母さん「じゃ出られない子はどうするの?」
「舞台セットとか衣装の作成をするんだよ。
 最初からそっちのがいいっていう子もいるし」
と言っていた通り、みんな何かしらの形で参加していたらしい
です。先生のお母さんと舞台に出ない生徒達の手による衣装、
すごくよくできてた。

先生の手によるメイクも秀逸

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


「あぁぁ〜、来年は学校のスペクタクルがあるのに、
 もうエミリー先生じゃなくなっちゃう。こういう風にクールな
 衣装やメイクじゃなくなって、うちのクラスが一番!ってもう
 言えなくなっちゃうんだ。。。
と今からもう嘆いておりました。
まだわかんないじゃん、来年の先生だってセンスいいかもよ、
と慰めたけど、確かに先生によって見栄えのする出し物と
そうでないのとあるよね。小学校最後の年がカッコいいといいのに、
残念だわ〜、と母もちょっと思ってしまう いけないわね

0



2014/12/7  19:22

投稿者:mamanmanon

アイナママさん こんにちは
来年の先生もこういうの好きな人だといいなぁ〜。
どうせ観に行くならカッコいい方がいいもんね。
と、つい思っちゃうんだけども、ま、ほんとは
そんなことより余計に勉強させてくれる先生の方が
正しいんだけどね、、、 ^^;

チョコシャンプーは買いよ!
うちもお土産にまた買おっと。

2014/12/4  17:53

投稿者:アイナママ

いい先生だね!私も、他のママさんからここでの発表会の事を聞いて
行きたかったなー。と思ってたの。劇場自体、入ってみたい。。
そんなに、チケットなくなる程人気なんだ。

  鳥も角もなかなか本格的。のんちゃんが来年の事言うの、分かるわあ。

 そうそう、チョコシャンプー、いいのっ!?
藍菜がめちゃ買いたがったんだけど却下しちゃった。
お土産にもいいかもねっ。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ