高柳克弘のページ

 

連絡先

連絡先のメールアドレスです  mikanbuson アットマーク yahoo.co.jp

略歴

1980年、静岡県浜松市生まれ。早稲田大学教育学研究科博士前期課程修了。専門は芭蕉の発句表現。2002年、俳句結社「鷹」に入会、藤田湘子に師事。 2004年、第19回俳句研究賞受賞。2008年、『凛然たる青春』(富士見書房)により第22回俳人協会評論新人賞受賞。2009年、第一句集『未踏』(ふらんす堂)により第一回田中裕明賞受賞。2016年、第二句集『寒林』(同)刊行。2017年度、Eテレ「NHK俳句」選者。2018年、浜松市教育文化奨励賞「浜松市ゆかりの芸術家」を受賞。現在、「鷹」編集長。読売新聞夕刊「KODOMO俳句」選者。全国高等学校俳句選手権大会(俳句甲子園)選者。

著作一覧

カレンダー

2020年
← February →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:katsuhiro
柊子さま
こちらこそ、お世話になりました。
とても楽しい思い出でした。
京都から離れれば離れるほど、
季語の概念と生活実感とはズレていきますよね。でも、雪が降ったら、たとえ春でも雪を詠む、これが自然なことのように思います。
投稿者:柊子
鬼房俳句大会、お疲れ様でした。
いろいろお話できて楽しかったです。
前回は神社にも行かれたのですね。
神社は桜も躑躅も藤も綺麗ですよ。
あれから、寒い日が続いていて、雪がちらちらする日もありました。
東北は俳句の季語とはだいぶ時間差があるなあと実感するこの頃です。
投稿者:katsuhiro
樹さま
去年のちょうど今頃、まだ塩釜桜が咲いていないころに行きました。
社が海を見はるかす高みにあって、すがすがしかったのを覚えています。
今回はすぐに帰ってしまったので行けなかったのですが、再訪したいですね。桜の季節に。
投稿者:樹
宮城にしばらく帰っていません。
塩釜神社はいい神社ですよね。って行ってないかな。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ