高柳克弘のページ

 

連絡先

連絡先のメールアドレスです  mikanbuson アットマーク yahoo.co.jp

略歴

1980年、静岡県浜松市生まれ。早稲田大学教育学研究科博士前期課程修了。専門は芭蕉の発句表現。2002年、俳句結社「鷹」に入会、藤田湘子に師事。 2004年、第19回俳句研究賞受賞。2008年、『凛然たる青春』(富士見書房)により第22回俳人協会評論新人賞受賞。2009年、第一句集『未踏』(ふらんす堂)により第一回田中裕明賞受賞。2016年、第二句集『寒林』(同)刊行。2017年度、Eテレ「NHK俳句」選者。2018年、浜松市教育文化奨励賞「浜松市ゆかりの芸術家」を受賞。現在、「鷹」編集長。読売新聞夕刊「KODOMO俳句」選者。全国高等学校俳句選手権大会(俳句甲子園)選者。

著作一覧

カレンダー

2019年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
« 犬 | Main | スパ »
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:katsuhiro
ヒロミさま
「山が動く」、すごい表現ですね! そんなたくさんの蛍、一度は見てみたいものです。でも、蛍も、ホタルブクロも、句にするのは難しいですね。
仙人さま
高原、涼しいだろうなーと思っていたのですが、予想に反して、照りが強くて暑かったですよー。おっしゃるとおり、ときに風景に接することは大切ですよね。残念ながら、句はできませんでした(><)
たえさま
芭蕉の一句、読んでくださってありがとうございます。最上川の句は、俳句の言葉の多義性について考えさせられます。来年は本にまとめる予定なので、ぜひ読んでみてください。
投稿者:杉谷たえ
芭蕉の一句 いつも勉強になります。八日の暑き日は、太陽と思っていましたが 時間ととったほうが 句の広がりが違いますね。 時間!でしたね。五人会でも聞いてみようと思います。毎日楽しみにしております。バックナンバーで過去のも読むことができると思っていましたが、句のみでした。
コピーをしておけばよかったと、くやんでいます。

http://www.k4.dion.ne.jp/~takahaik/
投稿者:仙人
高原は涼しかったのではないでしょうか。
都会の日常を離れて、旅という非日常の目で見ると、風景も新鮮に見えるのではないでしょうか。それが吟行に醍醐味なのかもしれませんね。私も行きたかったですね。
それで、ホタルブクロの句はできたのでしょうか。
投稿者:ヒロミ
我が家から車で1時間半くらい走ると、「山が動く」と銘打った蛍の名所があります。
今年は、「蛍恋まつり」期間中よりその後の方が沢山出たらしく、6月中旬に見に行きました。
あいにくの雨でしたが、見応え充分(♭´∀`)♭
観客も私たちだけ。幻想の世界に迷い込んだみたいでした。
かつひろさんが見た「ホタルブクロ」、いくつあっても足りません。
しかし…です! なぜ、俳句にできないのでしょう( ´△`)アァ-
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ