高柳克弘のページ

 

連絡先

連絡先のメールアドレスです  mikanbuson アットマーク yahoo.co.jp

カレンダー

2019年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:katsuhiro
ぼんぼんさま

正木浩一と上田五千石、タイプの違う俳人ですが、どちらも根底に孤独を抱え込んだ句を作っていますね。俳句に限らず、多くの芸術に言えることでしょうが、やはり作家は本質的に孤独なのでしょう。

句を書き写すのは、すごく勉強になりますよね。『正木浩一句集』のノートは、長くぼんぼんさんの財産になると思います。
投稿者:ぼんぼん
こんにちは。

国会図書館から近くの図書館に『正木浩一句集』を送ってくれるので、ノートに書き写そうと思っています。何句ぐらいあるのかな?

『凛然たる青春』は上田五千石を最後に、読み終わりました。この人は俳句によって精神の病から救われたようですね。やっぱり、俳句ってそういう力があると再確認しました。

正木浩一によって一気に自信を失った私ですが、最後に上田五千石に救われた気がします。上田五千石は孤独を詠もうと思って詠んだのではなく、どう詠んでも孤独にしかならなかった・・・気がします。

ではまた。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ