高柳克弘のページ

 

連絡先

連絡先のメールアドレスです  mikanbuson アットマーク yahoo.co.jp

高柳克弘の講座

カレンダー

2019年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:katsuhiro
ぼんぼんさま

そうですね、確かに、人を生かしていく力を俳句は持っているのでしょうね。私も俳句にずいぶん助けられたように思います。

俳句でしか成し得ないことがある。これは石田波郷がよく言っていたことですが、それが何であるのか、じっくり考えていきたいですね。
投稿者:ぼんぼん
おはようございます。

確かにこれは大切な問題ですね。自分で書いておきながら、言われてやっと気づきました。

「俳句では何も訴えられない」からといって、「俳句に何も力がない」というのとは違うと思います。

私の見える俳人でいうと、正木浩一は「存在の揺れ」を表現しています。これは『罪と罰』でドストエフスキーが表現したものと同質・・・と私は思います。

また、上田五千石においては、精神の病から抜け出し、自己と向き合うという仕事を成し遂げています。

これらを成し遂げたのは、5・7・5という文体であるからなのに、それ故、言いたいことをすべて言えません。

俳句は社会的メッセージを織り込むには不向きな文芸であるかもしれませんが、角度の違った形で人を生かしてゆく力のある文芸であるとは言えるのではないでしょうか?

拙い意見で申し訳ありません。

今のところ私に言えるのはこの程度なのです。高柳さんは真剣にこの問題について考えてこられたのですね。

またご意見お聞かせください。

ではまた。
投稿者:katsuhiro
ぼんぼんさま

「俳句では何も訴えられない」、それはその通りでしょうね。メッセージ性のある俳句も、もちろんありますが。矛盾しているようですが、「表現とは何かを訴えるものである」という命題自体の捉えなおしが、俳句の「訴えるもの」なのでしょう。

とても大事な問題と思います。またお考えを聞かせてください。
投稿者:ぼんぼん
こんにちは。

『凛然たる青春』・・・若い俳人の句がきらめくようで、高柳さんはこんな句と共に青春を過ごされたのだなあとうらやましく思いました。

もうすでに青春を卒業した私でさえ、憧れを抑えきれませんでした。この本を書いてくださって本当にありがとうございます。

最後の章に置かれている田中裕明という俳人は高柳さんにとって特別な存在なんでしょうね。

私も『田中裕明全句集』読んでみました。この人は何てまぶしい句を詠むんでしょうか。

・・・とこのように俳句においては楽しい日々を過ごしていますが、友人に「俳句では何も訴えられない」と言われまして、反論が出来ませんでした。

俳句とはそういうものなんでしょうか?

ではまた。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ