高柳克弘のページ

 

連絡先

連絡先のメールアドレスです  mikanbuson アットマーク yahoo.co.jp

略歴

1980年、静岡県浜松市生まれ。早稲田大学教育学研究科博士前期課程修了。専門は芭蕉の発句表現。2002年、俳句結社「鷹」に入会、藤田湘子に師事。 2004年、第19回俳句研究賞受賞。2008年、『凛然たる青春』(富士見書房)により第22回俳人協会評論新人賞受賞。2009年、第一句集『未踏』(ふらんす堂)により第一回田中裕明賞受賞。2016年、第二句集『寒林』(同)刊行。2017年度、Eテレ「NHK俳句」選者。2018年、浜松市教育文化奨励賞「浜松市ゆかりの芸術家」を受賞。現在、「鷹」編集長。読売新聞夕刊「KODOMO俳句」選者。全国高等学校俳句選手権大会(俳句甲子園)選者。

カレンダー

2019年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ぼんぼん
こんばんは。

なるほど、と目を開かれる思いでした。「口ごたへ」から受けるなんとも混乱した感じが整理されこころにおさまりました。

ありがとうございました。
投稿者:katsuhiro
ぼんぼんさま

こんばんは。

立子の句に詠われた思いを、今の人がわがこととして感じられるのかといえば、そうではない人が増えているのでしょうね。

でも、「共感」や「理解」に至ることは、必ずしも作品を読む目的ではないと思うのです。
 「こんなふうな思いを抱いていた人がいたんだ」という「気付き」は、「共感」や「理解」以上に、私たちの感情や思考を豊かにしてくれるのではないでしょうか。

古い作品というのは、そういう気づきをもたらしてくれない句のことを言うのでしょう。逆に、たとえ「共感」「理解」ができなくても、いつの時代にも「気付き」をもたらしてくれる句があって、そういう句はいつでも新しい。ぼんぼんさんが示された立子の句などは、その良い例だと思います。
投稿者:ぼんぼん
何度も失礼します。

ちょっと頭を整理しました。私が言いたかったのは何だったのかな?と。

俳句も時代とともに訴える力の弱まっていく句も出てくると思うのです。もちろんそうでない普遍的な句もあります。

でも、「口ごたへ」の句は、今の女性がこの句を詠むでしょうか?私は詠まないのです。もはや、この句は古き日本の美徳になっているのではないかと思われます。

俳句の「古い」「新しい」について高柳さんはどう思われますか?

投稿者:ぼんぼん
こんばんは。

口ごたへすまじと思ふ木瓜の花 星野立子

うかっとこの句を出してしまいましたが、お困りになったのではないでしょうか?

この句を出したのは私の先生が同じ様な句を詠んでいたからなんですね。私の先生は大正15年生まれ。星野立子は、明治36年生まれ。

もう、時代が違う、教育が違う、憲法が違うという人が詠んだ句なんだと思います。

「そうだよね」と書いたのは本当は嘘で、いや、同じ女性として共感は出来ますが、とてもこの句は読めません。

というわけで、戦後の教育をうけた、ましてや男性の高柳さんにどうしてこの句に共感できるでしょうか?

ちょっといやかなりバカでした。ちょっと夏ばてが入っているのかもしれません。

ごめんなさいね。

ではまた。
投稿者:katsuhiro
ぼんぼんさま

星野立子、「緑走れり」は鮮烈な表現ですね。

紹介してくださっている「木瓜の花」の句もいいですね。口応えしたい、悔しいと言うよりも、「すまじと思ふ」の方が、内にこめた思いが強く伝わってきますね。
投稿者:ぼんぼん
こんばんは。

今、星野立子の句集を読んでいます。読んでいるのは400句ぐらいの選集なのですが、なかなか面白い俳人・・・いえ、俳人としては正統といえるのかもしれません。

美しき緑走れり夏料理 星野立子

こういう爽やかな句が星野立子の持ち味ですが、やはり女性の一生はそれだけではすまされないようです。

口ごたへすまじと思ふ木瓜の花 星野立子

ちょっとぎくっとしますが、やっぱりそうだよねと思ったりします。

ではまた。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ