高柳克弘のページ

 

略歴

1980年、静岡県浜松市生まれ。早稲田大学教育学研究科博士前期課程修了。専門は芭蕉の発句表現。2002年、俳句結社「鷹」に入会、藤田湘子に師事。 2004年、第19回俳句研究賞受賞。2008年、『凛然たる青春』(富士見書房)により第22回俳人協会評論新人賞受賞。2009年、第一句集『未踏』(ふらんす堂)により第一回田中裕明賞受賞。2016年、第二句集『寒林』(同)刊行。2017年度、Eテレ「NHK俳句」選者。2018年、浜松市教育文化奨励賞「浜松市ゆかりの芸術家」を受賞。現在、「鷹」編集長。読売新聞朝刊「KODOMO俳句」選者。全国高等学校俳句選手権大会(俳句甲子園)選者。早稲田大学講師。

著作一覧

カレンダー

2021年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:katsuhiro
あまあまさま
書き込みありがとうございます

残念です^^; 耳飾の少女も「こんなコピーいやだわ!」と思ってるのでは……
投稿者:あまあま
確かに残念な句ですね〜         これが俳句だとふつーの人に思われたくないです(笑)
投稿者:katsuhiro
ぼんぼんさま
そうでしたか、ではまたの機会にいらしてください。中央例会関西はわりあい時間に余裕があり主宰講評を多く聞けるので、勉強になると思います。

十湖賞の応募もありがとうございます。一所懸命、選考いたします。
投稿者:ぼんぼん
こんにちは。

中央例会関西の日は動かせない予定がありまして。残念です。その次の中央例会関西にはぜひとも参加したいと思います。

また、十湖賞に応募しますので、もしも上位に入選できれば(?)浜松までまいります。(佳作ではちょっと浜松まではいけないですが)

私はもうテレビで見て、お会いした気分でおりますが、会わぬが花ということもあるかもしれませんよ。(笑)

お会いできる日を楽しみに。

ではまた。
投稿者:katsuhiro
ぼんぼんさま
こんばんは。「鷹」の新しい号が届いたのですね。大木あまりさんは年代的に対象とする世代より一回りほど上ですが、ぜひインタビューさせていただきたい方です。

まやさんの句は輪郭がくっきりとしていて魅力的です。最新刊の『妣の国』(ふらんす堂)は手に入りやすいので、ここからお読みになってはいかがでしょう。
http://furansudo.ocnk.net/product/1713

主宰は今、単身赴任で神戸にお住まいです。どこかですれ違うかもしれませんね。

9月の中央例会関西にはいらっしゃいますか。ご挨拶できれば幸いです。


投稿者:ぼんぼん
こんにちは。

「鷹」9月号読みました。

「俳人を作ったもの」第2回面白く読みました。稲畑廣太郎さんは今まで知りませんでしたけれど、確かに坪内稔典さんを思い起こさせる句風ではありますね。この企画で大木あまりさんを高柳さんがインタビューする・・・なんてあったらいいですね。

私は、見本誌で知って奥坂まやさんの句が好きになりまして、ああまたちょっと高めの句集を買わねばならないと思っております。

それに主宰の小川軽舟さん。軽舟さんの句はわかりやすくて助かっております。阪急電車沿線に引っ越されたのでしょうか?私は阪急宝塚線です。

またおいおい、誌面について感想を述べさせていただきます。

ではまた。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ