高柳克弘のページ

 

連絡先

連絡先のメールアドレスです  mikanbuson アットマーク yahoo.co.jp

高柳克弘の講座

カレンダー

2019年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:katsuhiro
ヒロミさま>確かに、どこでもドアがあると便利ですよね!
私はタケコプターがあれば十分です(笑)

修二さま>ウィキは私もよく楽しんでいます。
藤田湘子の項、検討してみます。
またご連絡させていただきます。
投稿者:修二
全然、ドラえもんじゃないんですが
Wikipediaに藤田湘子がまだ、ありません。
項目は立っています。みんなで書き上げて
いくWikiですが、まずはこのサイトに
ある先生の紹介をアップしてはいかがでしょうか。Wikiに正統もなにもありませんが、誰かが書く前にきちんとしたことをアップすることは、鷹からの発信として考えても
よいのではと思うのですが。
投稿者:ヒロミ
ドラえもんのポケットの中にあるもので、一番欲しい物は?と聞いたところ、大多数が『どこでもドア〜』でした。
忙しくなるにつれて、一層欲しくなりますね。
投稿者:katsuhiro
asimoさま

>どらえモンって、いつまで私たち日本人と一緒にいてくれるのかなー。テレビがなくなってもいてくれるのかな、などと考えたりたり。

このご指摘、肯くことしきりでした。テレビがなくなっても、というところ、まさにドラえもんの存在感を言い得ていると思います。

ドラえもんは、確かに季節感では12月ですね。TUBEが季語になるなら、ドラえもんも…なんて妄想が広がりますね。
投稿者:asimo
あっっっ
どらえモンじゃなくて、ドラエもんですね。。。とても重要。

http://d.hatena.ne.jp/Asimoto-Aki/
投稿者:asimo
確かに。。。のび太くんはそういう意味でも、こども(大人子供も含めて)の憧れの存在かも。映画でののび太くんをみてると、喪失から立ち直る強さがありそうですよね!

高柳さんも旧声優世代なのですねー。物心ついたころには私の傍にもいたどらえモン。どらえモンって、いつまで私たち日本人と一緒にいてくれるのかなー。テレビがなくなってもいてくれるのかな、などと考えたりたり。

どらえモンのことを考えるって師走っぽいですねー。幼少からの、年末スペシャル・どらえモン祭とかかんとかの刷り込みでしょうか。。。

http://d.hatena.ne.jp/Asimoto-Aki/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ