高柳克弘のページ

 

連絡先

連絡先のメールアドレスです  mikanbuson アットマーク yahoo.co.jp

略歴

1980年、静岡県浜松市生まれ。早稲田大学教育学研究科博士前期課程修了。専門は芭蕉の発句表現。2002年、俳句結社「鷹」に入会、藤田湘子に師事。 2004年、第19回俳句研究賞受賞。2008年、『凛然たる青春』(富士見書房)により第22回俳人協会評論新人賞受賞。2009年、第一句集『未踏』(ふらんす堂)により第一回田中裕明賞受賞。2016年、第二句集『寒林』(同)刊行。2017年度、Eテレ「NHK俳句」選者。2018年、浜松市教育文化奨励賞「浜松市ゆかりの芸術家」を受賞。現在、「鷹」編集長。読売新聞夕刊「KODOMO俳句」選者。全国高等学校俳句選手権大会(俳句甲子園)選者。

著作一覧

カレンダー

2019年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:katsuhiro
ぼんぼんさま

こんにちは。

「鷹」の掲げている理念は「会員ひとりひとりの個性を磨く」ということですから、主宰のような句を作る必要はありません。むしろ、異端は歓迎されますよ。私も、自分では「鷹」の異端のつもりでやっています^^

拙句に目をとめていただきありがとうございます。また誌面の感想、お聞かせください。
投稿者:ぼんぼん
こんにちは。

「鷹」12月号届きました。

12月は「鷹」にとって、総括の月なのですね。「同人自選一句」読みました。(同人とは何だろうかと思いながら)言わば、鷹俳句会の代表作品と言ったところでしょうか?一句一句読んで行きますと、鷹俳句会では高齢の方が大切にされ、又新人を育てていこうという会であることがわかります。小川主宰の生活に根ざした俳句(と思っていらっしゃるかはわかりませんが)に、大方は賛同していらっしゃるようですね。

私は、生活臭のあってなきごとき忍者のような俳句を目指していますので、鷹俳句会では異端になるのでしょうか。でも鷹俳句会、又小川主宰はそういった異端でも受け入れていただける気がします。

高柳さんの句良かったですよ。私は好きです。こういう句を読めるのは今だけですし、又青春は永遠なのです。

絵の少女生者憎める冬館 克弘

ではまた。

.
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ