高柳克弘のページ

 

連絡先

連絡先のメールアドレスです  mikanbuson アットマーク yahoo.co.jp

略歴

1980年、静岡県浜松市生まれ。早稲田大学教育学研究科博士前期課程修了。専門は芭蕉の発句表現。2002年、俳句結社「鷹」に入会、藤田湘子に師事。 2004年、第19回俳句研究賞受賞。2008年、『凛然たる青春』(富士見書房)により第22回俳人協会評論新人賞受賞。2009年、第一句集『未踏』(ふらんす堂)により第一回田中裕明賞受賞。2016年、第二句集『寒林』(同)刊行。2017年度、Eテレ「NHK俳句」選者。2018年、浜松市教育文化奨励賞「浜松市ゆかりの芸術家」を受賞。現在、「鷹」編集長。読売新聞朝刊「KODOMO俳句」選者。全国高等学校俳句選手権大会(俳句甲子園)選者。早稲田大学講師。

著作一覧

カレンダー

2020年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:katsuhiro
るなさま
「家出のするめ」、可笑しいですね。でも、本場のするめいかですから、おいしそう。私は確認できませんでしたが、文学館で売ると話題になりそうですね。

takedaさま
寺山の作品は、若者が俳句に対して抱く固定観念を砕くのにじゅうぶんなインパクトを備えていますね。これからもきっと、多くの若者にとっての俳句の扉となっていくのでしょう。
投稿者:takeda
僕も寺山修司は、大学俳句をやった出発点ですね(^−^)
俳句に出会い、その深遠な世界に触れる中で万物に宿る八百万の詩情との出会いで十二分に満足していました。

ところがある時、寺山修司が学生俳句大会を開催したという件の話を同時期に学生俳句で活躍していたという宗田安正さんにお聴きし、もう一度、俳句を通じた切磋琢磨を大学俳句会間でできないかと思い、他大の俳句会を調べ、連絡を取り、出席したりしていました。
その時のご縁で高柳さんやその他の方達と出会うことができて、寺山修司には会ったことはありませんが、感謝をしなければと思っています。
それがきっかけで、今でも続いているご縁の中には、後に京大の総長になられた尾池先生もいらっしゃいます。
今は、僕は俳句を趣味程度にしかつくりませんが、学生俳句大会をやろうと意気込んでいた時と思いは変わっていません。

「日本の伝統文化の素晴らしさをたくさんの若者と共有すること」

現在は、「地域の未来(人財)は地域で育てる」という自立した地域社会の仕組みをつくる、をスローガンに、「地域教育の再興」の活動を行っています。

http://facebook.com/Musashienmeiryu
投稿者:るな
いいですね!できれば私もぜひ見たい企画です。

ところで先日、青森のお土産に、三沢の記念館オリジナルという、「家出のするめ」というものを頂戴しました。
そういったものは売られていませんでしたか?
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ