E新国立競技場建設工事現場を追って171005  青葉の百姓

E新国立競技場建設工事現場を追って


2017.10.05
年に一度ある元居た会社のOB会(大成パル友和会)があり港区白金台八芳園(11:40〜15:00)へ行って来ました。
その前に気になっていた新国立競技場建設工事現場がどうなっているか?
2時間半ばかり前に渋谷駅で下車し、ぶらり歩きをしながら新国立競技場建設工事現場へ行き、工事進行状況を確認したあと、青山霊園を突き抜け八芳園の会場へ行きました。

前回(2017.5.16)行った時から約5ヶ月経っており、かなり進んでいました。


クリックすると元のサイズで表示します
渋谷駅構内の壁画


クリックすると元のサイズで表示します
GPSによる歩いた軌跡
左端の赤丸が渋谷駅(スタート)→上端の赤丸が新国立競技場建設工事現場→下端の赤丸が懇親会会場の八芳園


クリックすると元のサイズで表示します
急ピッチで進む渋谷駅周辺の開発


クリックすると元のサイズで表示します
南命山善光寺
港区北青山にある浄土宗寺院で信州長野善光寺の別院。
表参道交差点から青山通りを外苑前方面に1分ほど歩いて直ぐ左側の路地あります。


クリックすると元のサイズで表示します
仙寿院
東京都渋谷区千駄ヶ谷にある日蓮宗の寺院。


クリックすると元のサイズで表示します
新国立競技場建設工事現場(1)
メインゲート
工事現場周囲を歩いてきたがゲートが開いていなく東京体育館側のゲートが開いていました。


クリックすると元のサイズで表示します
新国立競技場建設工事現場(2)
近くへ行き正面より撮ってみました。
観客席なのか円形になっている。


クリックすると元のサイズで表示します
新国立競技場建設工事現場(3)
東京体育館の高台へ行って見るとクレーンが林立して活気が出て来ました。
昔を思い出し無性に現場内へ入りたくなる衝動を憶えます。


クリックすると元のサイズで表示します
新国立競技場建設工事現場(4)
東京体育館高台より撮影。


クリックすると元のサイズで表示します
新国立競技場建設工事現場(5)

東側へ廻ると競技場らしくなって来ました。
工事名看板を確認すると、着工予定2016年12月、完了予定2019年11月30日となっている。

第32回夏季オリンピックは
2020年7月24日から8月9日まで東京で開催される。
何事もなく無事に工事が完成し、素晴らしい新国立競技場が出来る事を願いたいものです。
工期はあと2年余、順調に推移していることを確認し、競技場を後にして港区八芳園へ向かいました。


クリックすると元のサイズで表示します
明治神宮外苑にあるお鷹の松

徳川三代将軍家光(一六〇三〜一六五一)が鷹狩の途中で境妙寺という古寺に休息していたところ、江戸城から飛び去っていた『遊女』と名づけた愛鷹が飛んで来て、庭前の松の枝に止ったので家光は大へん喜び、この松をその鷹の名をとって『遊女の松』と名づけたと伝えられている。


クリックすると元のサイズで表示します
聖徳記念絵画館

新宿区の明治神宮外苑にある美術館。
幕末から明治時代までの明治天皇の生涯の事績を描いた歴史的・文化的にも貴重な絵画を展示している。
ここから富士山が見えたが、新国立競技場が建ってきたためもう見えなくなりました。


クリックすると元のサイズで表示します
なんじゃもんじゃの木

正式名称は一つ葉たごといい、明治時代にこの木を見た人々はこの木の品種がわからず、「この木はなんじゃ」と聞かれるうちに”なんじゃもんじゃの木”と呼ばれるようになったとのこと。


クリックすると元のサイズで表示します
神宮外苑、御観兵榎

明治天皇御台臨のもとに、明治22年2月11日の憲法発布観兵式、明治39年4月30日の日露戦役凱旋観兵式などが行われました。
その際、明治天皇の御座所は常にこの榎の大木の西側に設けられていて、この木を「御観兵榎」と名付け現在に至っている。
但し現在は二代目の榎です。


クリックすると元のサイズで表示します
神宮外苑のイチョウ並木

青山通り口から外苑中央広場円周道路に至る四並列の街路樹として植栽されたいちょう並木は、春の芽生え、夏の青葉、秋の黄葉、冬の裸木と、その人工自然美の素晴らしさから、四季を通じて都民に親しまれているところです。
まだ黄葉していませんでした


クリックすると元のサイズで表示します
青山霊園内、大久保利通の墓

贔屓(ひいき)に背負われた石柱の墓。
亀だと思ったが調べてみると、
中国の伝説で贔屓(ひいき)は龍が生んだ9頭の神獣・竜生九子のひとつで、その姿は亀に似ていると記されていました。


クリックすると元のサイズで表示します
青山霊園中央通り


クリックすると元のサイズで表示します
港区白金八芳園
集合時間ぎりぎりで会場へ着きました。


クリックすると元のサイズで表示します
大成パル友和会(1)
会長挨拶


クリックすると元のサイズで表示します
大成パル友和会(2)
副会長挨拶・乾杯


クリックすると元のサイズで表示します
大成パル友和会(3)
懇親会

クリックすると元のサイズで表示します
大成パル友和会(4)
懇親会


帰りは品川駅までぶらり歩きをして、帰宅する。
歩いた歩数: 23,950歩(約15.6km)でした。

青葉の百姓 2017.10.6記


ネット仲間からのコメントです。
---------------------------------------------------
セレスさん
2017年10月07日 08:09
今年も11月初めに神宮外苑でダイヤモンド富士が見れますが、
ネットで調べたら予定が載っていたので、今年はまだ見れそうですね。
そのころ都心に出る用事がないので、行かないと思いますが。

青百
2017年10月07日 08:28
曇っていたので良く確認できないが、例の聖徳記念絵画館からはもう見えないと思います。
神宮外苑でもダイヤモンド富士は高いところからでないと見えないと思うし、東京体育館の上からなら見えるかな?



小野小町さん
2017年10月07日 08:19
2020年に向けて着々と競技場ができつつありますね。
この工事現場 生でみてみたいものです。

青百
2017年10月07日 08:35
小野小町さん、コメントありがとう。
5ヶ月前では工事が完成するのかな?と心配していましたが、2020年オリンピックに向けて着々と進んでいます。
小町さん工事現場を生で見るのは音も凄いし、アチコチでクレーンに吊り上げられている鉄骨が落ちるのかとひやひやだし怖いですよ。



ヒロさん
2017年10月07日 08:23
建設業界も大変なんでしょうね。
旧国立競技場をあっと言う間に壊して、
改修の話も出ない様にしてしてしまいましたからね。
公共事業は絶対儲かる様に出来てますから業界はホッと一安心かな?
良い物を作ってください。

青百
2017年10月07日 08:50
ヒロさん、コメントありがとう。
建設業界はオリンピックまではどこもかしこも突貫工事が多く事故でも起きないかと心配です。
旧国立競技場を壊して更地にしてから新国立競技場建設現場を追っていますが、今回で6回目になります。
工事完了予定は2019年11月30日となっていて、あと2年もあります。
10数回は確認し工事進捗状況をアップしたいと思っています。
どうぞよろしくお願いします。


青葉の百姓 2017.10.7追記






2



2017/10/7  9:20

投稿者:青葉の百姓

ふぅさん、Blogにコメントありがとう。
渋谷駅の壁画は凹凸もあり立ち留まりしばし見とれていました。
オリンピックまでに渋谷の再開発は急ピッチで進んでおり、この壁画は活き活きとした新しい渋谷の街、そのものですね。
このOB会は春、秋、年に2回あります。
この日を利用しながら新国立競技場工事現場も立ち寄りたいと思っています。

2017/10/7  8:48

投稿者:ふぅ

おはようございます。
23950歩、沢山歩きましたね(^◇^)
渋谷駅の壁画、見とれました。
工事も進んでいるようで良かったです。
さすが一流企業のOB会(^◇^)
八芳園とは豪華ですね〜

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ