自給自足の野菜を食べる幸せ、 野菜探しはカテゴリーから。

2021/6/23

夏野菜は生長が早い  ○春/夏野菜

梅雨と言っても毎日雨が降るわけでも無く
晴れ間もあるから気温があがる。
湿度が高くジメジメした毎日が続く。 
野菜の生長は早く結実が始まる野菜もある。
さすがに菜園の効果はプランターをしのぐ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

坊ちゃんかぼちゃとモロヘイヤ
香りのいいゴボウも順調にそだっている。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

長いピーマンとジャンボピーマン、ナスにトマトがあれば
少なくても献立は成り立つ

クリックすると元のサイズで表示します
0

2021/5/24

梅雨なのにカエルの歌が無い  ★エトセトラ

梅雨の中日で2日間は晴れていたが、
今日はポツリポツリと小雨。
梅雨なのにカエルの歌が聞こえないのは寂しい。

クリックすると元のサイズで表示します

その代わりと言っては何だが、
隣の幼児の喚き声がうっとうしい。
顔は見えないが兄弟喧嘩だろう。
声だけで誰が甘えっ子かわかるようになる。
声の騒音は雨の音で少しはやわらげられている。
それはラッキーと思える。

クリックすると元のサイズで表示します

花壇ではアジサイとユリが咲き始めた。

クリックすると元のサイズで表示します

窓辺で花を眺め、珈琲をすする至福のひと時。
テレビ番組欄を見ればコロナワクチン接種や
感染者数に関する事が目立つ。
毎日、毎時間よくもまあ同じテーマ・・

外へ出るのは食材買い出しの時、畑の巡回などなど。
うんざりしながらもステイホームは続く2021年。




0

2021/5/16

鉢植えの果樹栽培  プランター栽培

クリックすると元のサイズで表示します

5月の爽やかな空気の中でスイスイ泳ぐ鯉のぼりも見ないうちに
雨の多い5月。もう梅雨らしき雰囲気になっている。

野菜栽培にはうってつけの気温と言っても過言ではない。


クリックすると元のサイズで表示します

大きめの鉢に植えているマスカットは、以前に枯れた大木の再生。
ようやく目立つほどに成長してきた。
やはり地植えしないと実の房は出来ないのだろう。
そのうちに植え替えようと思う。

クリックすると元のサイズで表示します

5年前に植えた柚子は結実するまで15年ほどかかるそうだ。
実るまで生きていられるかどうかわからない。
名残惜しいが引き抜こうと思う。
今はアゲハチョウの幼虫がわんさか発生して葉を食べている。
幼い子供には勉強できる素材なんだけどね。


クリックすると元のサイズで表示します

20日赤丸大根が目立って大きくなった。
まもなくサラダで食べられるかな、楽しみが増えた
0

2021/4/24

夏野菜をプランターで栽培  プランター栽培

誰にも簡単に作れる赤丸20日大根というミニ大根。
発芽してから混みあってきたので間引きをした。
根っこはラディッシュのような赤い色です。
間引き菜をモーニングサラダに混ぜていただきました。
クリックすると元のサイズで表示します

ポイントは発芽まで土の表面が乾燥を避けて湿らせておく。
クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

右が20日大根。左は小松菜だが、これも間引きどき。


プランターに最適な つるなしのインゲンマメ。
一年に三度育てられるから三度豆ともいう。
クリックすると元のサイズで表示します



ミニトマトがぼうぼうと生えてきた。
晩秋にトマトの実を放置して置いたら発芽してる。
下の写真のようにカラフルに放置して土をかけておいた。
質の良い実を放置しておけばよかったかな。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


昨年の樹上完熟ミニトマトの様子です。
なんとクリスマスまで実りましたよ。
クリックすると元のサイズで表示します




春になればネギ坊主が出来て種が育つ。
その種をまた栽培すればいい。
ネギ坊主は天ぷらにすると美味しいが誰もご存知ないかも。
ネギ坊主を取った後は、もう一度根元を残して植え替える。
クリックすると元のサイズで表示します



明日葉(あしたば)が2年目の春。
株が大きく育ってきた。
大島が原産地で経験的には なかなか栽培が難しい。
クリックすると元のサイズで表示します


スイスリチャードはほうれん草のようにお浸しにできる。
花壇の花のように見るだけでもいいかな。
クリックすると元のサイズで表示します


小松菜の根っこを残して水栽培してみたら葉が伸びだした。
遊び心で楽しんでます。
季節に合わせてプランター栽培は簡単で面白いもんですよ。
クリックすると元のサイズで表示します



ゴーヤもオクラも発芽して苗作りに夢中なGW前です。
クリックすると元のサイズで表示します


家庭菜園に飽きたら旅に出たいな。
今まで出かけた旅の思い出をまとめてみました

https://tabibitokun.hatenablog.com/
0

2020/12/21

プランターで野菜作り  プランター栽培

畑があるから庭で野菜作りをする必要は無いのだが、
試しに庭で野菜を栽培してみた。
まず市販の野菜の土やプランターを用意。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ネギを早く収穫したいから、店で買ったネギを苗代わりにした。
捨てても良い根っこをプランターに植え付けてみた。
クリックすると元のサイズで表示します

大きく育ってから肥料を与えるなら、100円均一の店でも買える
「化成肥料」を少しずつ与えます。(チッ素・リン酸・カリウム)

有機栽培だけで育てるには自家製の堆肥を作れば良い。
台所の野菜くずをみじん切りにして、1次乾燥させる。
乾燥後は専用容器に投げ込み、米ぬかとか専用の発酵促進剤を
まぶしまし、何度もかき混ぜながら発酵させると
匂いの無い土色の堆肥ができる。

今は便利な時代、検索すれば何でも教えて貰える。
クリックすると元のサイズで表示します

容器は底に穴の開いた無用のバケツを使用している。
汁が漏れないように受け皿が必要です。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

サラサラに完成した堆肥

クリックすると元のサイズで表示します

今は白菜とブロッコリーを育てている。
寒い季節は夜にビニール袋で覆いをすればいい。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

夏には甘いミニトマトも育ちます。

クリックすると元のサイズで表示します

牛乳パックでニンジンを育てたこともありました。

クリックすると元のサイズで表示します

レタスや小松菜、葉大根、菊菜、サラダ菜は簡単に栽培できます。

クリックすると元のサイズで表示します

失敗は成功の元、チャレンジすると楽しいです。
2

2020/9/1

花オクラを栽培してみる  オクラ・モロヘイヤ・ゴーヤ

クリックすると元のサイズで表示します
大きな花を咲かせて優雅に立ってる「花オクラ」という種類。
実を食べるオクラとは違う種類です。
プランターでも栽培できるが、夏場の水やりは忙しい。
地中に根を生やすのが一番安定してるようだ。

葉は細くて長いのが特徴。
クリックすると元のサイズで表示します


湯にシャブシャブっとして、お浸しとかマヨネーズで頂ける。
以前にも鹿児島の旅で見つけた花オクラの事を書いたことがある。
ことし、貰った種をプランターと花壇で育てている。
花として眺めるとそれは立派な花。


花オクラの横では、食べるオクラの花と実が見える。
クリックすると元のサイズで表示します

食べるオクラの葉は大きくて広い。
クリックすると元のサイズで表示します

オクラの実は沢山の種類があるようだ。
写真のオクラは緑色で大きくなれば固くなる。
白いオクラなら、実りすぎても実は柔らかい。
赤味がかったオクラもあるが好みで栽培すればいい。


こちらは花オクラ、こちらは実の成るオクラと 説明されないと
初めての人にはわからないと思う。
晩秋に種を採取して来年もたくさん咲かせようと思う。

★秋の風を感じる頃、葉をくるくるっと丸めて
葉の中へ卵を産み付ける幼虫が発生するので
葉を食べられたら枯れてしまうので、注意が必要だ。

葉巻虫とでもいうのだろうか?


●以前の記録 花オクラ
https://sun.ap.teacup.com/keigo/402.html
1

2020/7/25

ゴーヤのプランター栽培  オクラ・モロヘイヤ・ゴーヤ

緑の木陰、ゴーヤのカーテンを作ろうと、
今年も沖縄ゴーヤをプランターに2本植えてみた。
ゴーヤは沖縄県での呼び名で、
和名はツルレイシ、ニガウリと言います。

クリックすると元のサイズで表示します

5月半ばになると枝が絡まりついてきた。
地球温暖化のせいで気温の高い春、いやもう初夏かな。
プランターは、土の乾燥が早いので水をたっぷりと。
クリックすると元のサイズで表示します


過去には畑で作っていた写真。
森の姿のように栽培した。
作る喜びだけを楽しんだ日々だったが、もう辞めた。
クリックすると元のサイズで表示します

毎年、作付けを少しづつ減らすことにした。
夏の畑では散水が大変だからね。
クリックすると元のサイズで表示します



今は庭でプランターに植え、日陰用に栽培している。
手ごろな数が実って緑も楽しめる。
クリックすると元のサイズで表示します

毎日観察できて、童心に還ったような気持ちさえする。
2週間ごとに化成肥料をパラリと与えるだけの簡単栽培。
クリックすると元のサイズで表示します

緑の葉と格子のマッチングも楽しめる。
クリックすると元のサイズで表示します

種を保存することもできる。
青いゴーヤは苦みが多くまだ熟していない。
この写真は食べごろのゴーヤ。
クリックすると元のサイズで表示します

熟すと黄色になり種は赤くなる。
しかし、種が赤くなるまで放置はしない。
早めに収穫したほうがいい。
クリックすると元のサイズで表示します


★うんちく
苦み成分に食欲増進作用があり、夏バテ予防にいい。
原産は東インドや東南アジアらしい。
日本には16世紀頃に伝来したと言われている。
1993年に沖縄県の野菜が県外に出荷されるようになり
全国に普及したらしい。
イボが隙間なくぎっしり詰まり、程よい弾力があれば良い。
わたと種を取り、密封し冷凍保存ができるから便利。
血圧、血糖値には効果があるとのこと。


クリックすると元のサイズで表示します
庭で作ると日陰が出来て、
眼にも涼やかで、鮮やかな緑の暮らしができる。
ゴーヤ万歳!
窓を開けて、ぶら下がっている実をちぎる贅沢感。
0

2020/7/14

パプリカ&ジャンボピーマン  ナス・ピーマン

クリックすると元のサイズで表示します

ピーマンは多量に実るので食べるのには忙しい。
だから今年は2本だけ植えることにした。
何故そんなに少ないの?
こんな疑問には、妻が天国へ行ってしまって、一人だから。


クリックすると元のサイズで表示します

自分で作った堆肥を土に混ぜて、
化成肥料も入れて土作りを終える。

クリックすると元のサイズで表示します

台所の生ごみは米糠を混ぜて発酵させているから安全。

クリックすると元のサイズで表示します

1本は黄色いパプリカ。

クリックすると元のサイズで表示します

もう1本はジャンボピーマン。

クリックすると元のサイズで表示します

植え付けてから暫くして、花が咲き出したら楽しみが増える。
どちらの花色も白なんだね。

クリックすると元のサイズで表示します

同じ時期に植えたナスは大きくなったが、
2本のピーマン(右)はなかなか大きくなっていない。
木が大きくなる前に早めの収穫をしてみよう。
木への負担をかるくできたらいいかな、と自問自答。

クリックすると元のサイズで表示します

パプリカの黄色い色は完全に熟さないと色付かないようだ。
長く待ってられない。普通のピーマン収穫と同じようにポキリ。

クリックすると元のサイズで表示します

葉の形状はどれも同じようなので、
実の種類は実ってから判断するしかないのかも。
美味しく食べられる料理方法があるはずだ。
昔のおばあちゃんは、佃煮にしてたよう気がする・・


うんちく
今頃に本を読んで知識を得ても遅いのだが、
パプリカを含め、完熟果で収穫するピーマンを
カラーピーマンと呼ぶ。

通常のピーマンは実は未熟果らしい。
真っ赤になったものが完熟らしい。
なので、栄養価と健康度は断然完熟ピーマンが良い。
逆にピーマン特有の苦みには微量の毒性が含まれる。

カラーピーマンは、完熟まで長い期間がかかるので、
収穫期の頃には、樹への負担でお疲れ気味らしい。
パプリカ栽培が難しいのはそういう事らしい。
自分が早めに収穫してるのは正解だったようだ。

カラーピーマン(パプリカも)の作り方は
根を深く張らせて、水の吸い上げを良くすると良い。
そして脇芽を摘み、1本仕立てで根が深く伸び、樹が疲れない。
逆に未熟果を多く収穫するなら浅根でもよいらしい。
これがいつも植えてる意識していない作り方だと思う。


ピーマンの原産地はメキシコの砂漠周辺で、
水はけの良い土地を好み、細かい枝根を横に広げる。
若い実を早めに収穫すれば、長期栽培に良いらしい。
0

2020/6/14

甘いミニトマト「甘っ子」  トマト

★庭での2年目、
甘いミニトマト収穫までの記録




昨年は家族に大好評だったので、
再び「甘っ子」を2本植えた。
稲美の農業屋で買った苗。

クリックすると元のサイズで表示します

昨年はこの場所にキュウリが沢山実った。
今年も花壇をミニミニ菜園にした。
4月14日、まだまだ気温が低いのでビニールを被せてみた。

クリックすると元のサイズで表示します


あれから2ヶ月がすぎて、こんなに大きくなっている。
庭での栽培なので、脇芽取りがすぐ出来て、楽でいい。
自分の背丈までは1本仕立てだが、
ここから脇芽を2本か3本に伸ばして
花芽を増やそうと思う。

クリックすると元のサイズで表示します

2本目の上まで沢山の結実が見える。

クリックすると元のサイズで表示します

6月10日の梅雨入りから、梅雨が本格化して雨が多い。
トマトやキュウリは、雨に多く当たると
病気が発生するので気をつかう。
トマトは肌が柔いので割れることがある。

例年なら、トマトの樹の上からビニール屋根で覆うのだが、
今回は面倒なので何もしていない。
根元も雨水が当たらない方がいいようだ。
高地が原産地のため、トマトは乾燥に強い。

クリックすると元のサイズで表示します

マスカットの実に被せる紙袋が余っている。
ミニトマトの房を袋の紙で包んでみたらどうなるのかな。
両端は切手あるので空気は流れやすい。
ただ、雨水だけは当たらないようにしたい。

クリックすると元のサイズで表示します

雨に当たると皮膚が割れてしまう。
それでは商品価値がなくなるからね。
売るわけでもないが、きれいなトマトを作ってみたい。

__________________________

6月21日
★毎日のように縁側から成長を眺めている。
すると、紙袋の中からうっすらと赤いトマトが見えた。
もしかしたら赤く熟れているのかな?
紙袋を取り外したら、房の半分が熟していた。

クリックすると元のサイズで表示します

とりあえず10個収穫、すぐに口の中で甘くとろけた。

クリックすると元のサイズで表示します

昨年は、たった2本の苗で780個も収穫できた。
畑の大玉トマトの出来も気になる。






今年の梅雨は雨が多い。
九州全域では毎日の豪雨で川が氾濫して、大変な被害が出ている。
幸いにも、瀬戸内気候の穏やかな我が土地では、
そういった被害にあったことも無いが、豪雨の音には怖くなった。

そこで気になるのは、長い雨によるトマトの被害かな。
雨に当たるトマトは皮膚が割れてしまう。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

もう少し太陽の恵みが欲しいが、でも特に甘いミニトマトに満足してる。
1

2020/2/11

ジャガイモの普通植え  じゃがいも

★植え付けから収穫までの記録


早めに買っておいた1kgのジャガイモ(メークイン)を
炬燵の中に置いていたら見事に発芽していた。
足もジャガイモも炬燵の恩恵を受けていたようだ。


クリックすると元のサイズで表示します
発芽するとそろそろ植え付けを考えないといけないな。
でも、外はまだまだ寒いのでは、、と躊躇していたが。

クリックすると元のサイズで表示します
1月11日、ポカポカ陽気で植え付けるには絶好の機会かな。
思い立ったら実行!


種芋が小さいので、今回は何年かぶりに普通に植えてみる。

クリックすると元のサイズで表示します
溝を掘って、種芋の間に発酵鶏糞顆粒状と化成肥料を置く

クリックすると元のサイズで表示します
土を被せて、余った黒マルチで覆う

クリックすると元のサイズで表示します
以上、30分間で作業を終了させた。
例年より10日ほど早いかもしれない。
手抜き農法になってきたような気がする(笑)







クリックすると元のサイズで表示します
そして、ジャガイモの生長を見守って、月日がたった。
今までの経験では、長すぎるほどの期間だった。

6月9日(梅雨入りの前日)に掘り起こしてみた。
大きさの感触としては、今までで最低の出来具合だった(泣)
新しい土地での初めての植え付けだったので調子がわからない。
枝が大きくならなくて、葉の色は濃い緑でもなく淡い色だったなぁ・・。
マルチしたので土寄せ出来なく、追い肥が少なかったからかな?

何よりも気持ちが入っていなかったのが原因だろうよ。
野菜も人間さまと同じ生き物なんだろう。

クリックすると元のサイズで表示します


次回はしっかり栽培してやる〜〜
0

2020/2/11

11月の新しい畑の様子  ○秋/冬野菜

2019(令和元年)
11月初旬の畑の姿です。
新しく借りた小さな畑では、
当然遅くに種まきしたので出来は遅い。

しかし、野菜らしく育ち食料にもなっている。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
初冬なのに三度豆の花が咲き、実を付けている。
ビニールを張って寒さを防御しないといかないかも。

クリックすると元のサイズで表示します
大根やカブも他人さまの出来より小さいが、
なんとかそれらしくなっている。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
夏に白い大根の種を採取し、秋に種まきしてから気がついた。
驚いたその訳は、白と赤の二種類の大根が育ったこと!
白い大根が赤色の大根に化けてしまった。
ミツバチが運んできた赤色の花粉が混じったのかな??
同じ位置に赤と白が育っている。
縁起物として喜んでいる。


クリックすると元のサイズで表示します
玉ねぎを少々植えてみた。
早めに収穫出来れば次の野菜が作れるから、
初めての早生種。


クリックすると元のサイズで表示します
赤い色の葉を付けるスイスリチャードが大きくなった。
ポリフェノールをたっぷりと含んでいるようだ。

クリックすると元のサイズで表示します
ゆで汁は、真っ赤な色なのでワインのような効果があるのかも。
生でかじると甘い。
ほうれん草みたいに お浸しで食べるのもいい。


クリックすると元のサイズで表示します
種を採取して3年目のえんどう豆。
元気が無くて、二度蒔きしたがうまく伸びてほしいな。


クリックすると元のサイズで表示します
隣のおじさんがくれたミニトマト。
毎年、種が落ちて実ったもので、11月初旬まで実っている。
甘いよと言われたが、そうでも無かった^^.


クリックすると元のサイズで表示します
正月をすぎて、いよいよ寒さが増してくる頃、
異変がおきた!
まもなく、食べるキャベツとブロッコリーが無くなる〜

この冬は特別暖かく、キャベツとブロッコリーの収穫が早い。
とても早すぎるので面食らっていたら、
花が満開になってしまった。
ここだけはもう春。

0

2020/1/23

新しい畑での野菜たち  ○秋/冬野菜

★お〜〜い、新しい畑の諸君!

新しく借りた小さなスペースの畑には、
遅ればせながら、秋から冬への野菜が育ち始めている。
今までの畑のように多種栽培が無理なので、
手間のかかる野菜は作らないことにした。
害虫が好きな野菜もこの分類に入れておこう。

モットー:自慢できる完全無農薬

クリックすると元のサイズで表示します
ネギとかニラ、ワケギなど似た野菜を集めて植えた。
うまい菜(ふだん草)も簡単に根付いた。


クリックすると元のサイズで表示します
育てるのが得意なキャベツにブロッコリー。
暖かいのでグングン大きくなった。
収穫が早く終わってしまうのだろうな。


クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
旧畑で夏の前に採れた大根の種を蒔いてみた。
10月になり、種蒔きが遅れているのでどうかと気を揉んだが。
その大根に異変が発生することになるとは、

ここでは気がついていなかった。
その大根が白い色と赤い色の2種類が実ったのだ!
え、どうして? 不思議な現象!
大根の花は白いはずなのに、今頃思い出したが、
赤紫の花が咲いていたようだ。
虫が白い花に赤い花粉を運んできてミックスさせたのかな?
ミステリー!

クリックすると元のサイズで表示します
収穫時期の結果写真、こんなワインレッドの大根になったぞ!



クリックすると元のサイズで表示します
この三度豆も同じように遅くの種蒔き。
もうすぐ寒くなるので、無理ではないかと気になる。
ビニールのカバーをすれば大丈夫かもしれない、実験してみる。

クリックすると元のサイズで表示します
スイスリチャードの葉も茂る。
生命力が旺盛な葉物野菜かな。


クリックすると元のサイズで表示します
こうやって、新しく借りた小さな畑で趣味程度に楽しんでみる。


___________________________

★一方では、旧畑での収穫を急ぎたい野菜がある。
落花生、生姜、里芋に長芋。
新しい畑では、狭い所に沢山植え付けられないだろうな。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

0

2019/10/2

3度目のNew畑デビュー  ○秋/冬野菜

クリックすると元のサイズで表示します
2019年(令和元年)8月某日の畑
放置されたこんな雑草畑を見て愕然とする
長さ25mほどの土地だが、現在の自分の能力では広く感じる
7年も前には4倍ほども作っていたが・・


クリックすると元のサイズで表示します
9月1日
農協の担当者が耕耘機で耕してくれたが草は埋まる

クリックすると元のサイズで表示します
9月3日
人力で耕して、埋まった雑草を拾い、整地すること3日間

9月18日
数日間天日干ししておいた土から埋まった雑草が芽生える
また人力で耕し草を取り除く

クリックすると元のサイズで表示します
9月19日
堆肥「土遊農」3袋や有機石灰、化学肥料を投入してまた耕す
この作業を怠れば肥料不足で野菜が育たない


クリックすると元のサイズで表示します
9月20日
西神戸ナフコで苗を購入
まだ暑い夏の気温の中、キャベツとブロッコリーを植えた
(キャベツ10、ブロッコリー5、スティックセニョール5)

クリックすると元のサイズで表示します
モンシロチョウが飛んでこないようにネットを張る
一気に作業すると疲れる、今日はここまでとしよう

クリックすると元のサイズで表示します
9月23日
昨夜の台風17号の風でネットが外れていた
次に作る野菜スペースに、米のもみ殻をばらまいておいた
ここへ三度豆と大根、小かぶ、レタス、フダンソウの種を蒔こう
1

2019/9/9

立退き 3度目の開墾畑  ○秋/冬野菜

趣味の野菜作りが40年になりました。
その間には色々と困難がありました。


過去を思えば5年前、宅地開発で畑を返却した。
2度目の畑をやっと見つけた。

写真のように雑草だらけだったわ
それを農協さんが耕耘機で耕してくれた。

クリックすると元のサイズで表示します

黒マルチまで漉き込んでくれたから大変だったわ。
それを取り除き鍬での作業は続けたもんだ。
田んぼの土なので固まってゴロゴロ。

クリックすると元のサイズで表示します


最初からの土作りを頑張った。
枯れ葉や木材チップや堆肥などを混入させての土作り。
愛用のガスボンベで動くホンダミニ耕耘機が大活躍。

クリックすると元のサイズで表示します

スイカや野菜が沢山実り、楽しい家庭菜園ライフを満喫。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

暑すぎて作業をさぼり放置状態でも実ったマクワウリ



2019年(令和元年)7月
またまた畑を返却することになった。
またまた宅地開発。
人口減少なのに家を買う人が多いね。
荒れ地を4年の間に肥沃にして畑らしくしたのに残念。
3度目の畑を探すことになった!

クリックすると元のサイズで表示します







この夏は歴史に残る猛暑!
秋はまだまだ来ない予感。
しんどいし、この機会に野菜作りを止めようか。
でも、好きな趣味を減らすのは嫌なので。





次の3度目の候補地を探していると、
今の畑の近くで水道設備のある場所発見。
長さ20m幅150cm。
小さいが程よいスペース、コレに決めよう。



9月3日
次の3度目畑は雑草が茂っている。
農協さんが耕耘機で耕してくれたが雑草の根も混ぜ混ぜ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

3ヶ月ほど前まで、誰かが栽培してたから土質は良さそうだ。
でも、畝がぺったんこなので、少し土盛りして高くしたいな。

クリックすると元のサイズで表示します

9月4日
農協さんの耕耘機で耕した後は、
雑草が根付きで土中に深く潜り込んでいる。
それを鍬で掘り出して整地していく。
疲れて身体が痛い!
くそ暑い!

クリックすると元のサイズで表示します

地べたに這いずり回って作業している状態なので、
野菜作りはまだまだ先の作業になりそう。



この2019年夏は、歴史的にもくそ暑い。
9月9日だというのに34度くらいあって、夜間も寝苦しい。
日本は亜熱帯の国になっているのか?
だから、しばらく畑作業はやる気がない。
その間の屋外での水泳大会は暑くても楽しかった。
暫しの息抜きかな。

クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します

今、苗作りに遅れてハンディのあるスタート、
しばらくしたら頑張ろう!
早く整地しないと秋野菜が育てられない。
焦るのは止めておく。
身体が資本だから、お天気にまかせよう。

0

2019/8/13

お盆に台風  ★エトセトラ

9号が過ぎて、大型台風10号がやってきます。
昔の事を思い出しました。

クリックすると元のサイズで表示します

日本水泳連盟公認の競泳審判の資格を持っています。
一年中競技会に行ってます。
だから水泳の事が気になります。


昔、熊本インターハイ水泳会場も台風でした。
台風となれば、現地へいち早く乗り込むチームの関係者は、
交通の事などでヤキモキしてるのでしょうね。

我家の花壇は、水が欲しくて雨を待ってるようです。

クリックすると元のサイズで表示します

妻の一周忌法要を終えたら初盆がやってきました。
私の身体と頭の中は多忙です。



実家の墓参と母方の祖父母の墓参も済ませ、
夕方にやっと落ち着く。
家にいれば暑くて困ります。
外に出ても同じこと。
どうせ暑くて困るなら、出歩いた方が気持ちが晴れる。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、炎天下では長時間耐えられません。
熱闘甲子園は字のごとく暑いのですが、
選手は大変な事をやっていますね。
職業でも無い審判の方に頭が下がります。

クリックすると元のサイズで表示します

私のご先祖様への墓参を済ませました。
桔梗紋は明智光秀さんと同じです。

クリックすると元のサイズで表示します

母方の祖父母や叔父への墓参も済ませました。
このような丸と菱形紋は珍しい。
その昔、龍野脇坂藩で、厚待遇で抱えられれていたらしく、
お殿様から家紋を頂いたが、同じ丸と丸紋では
恐れ多いので、片方を菱形にしたようです。

クリックすると元のサイズで表示します

分家して家を興した親戚では、キリリと真新しい彫り方でした。
家紋のいわれとデザインは面白いものですね。
その家紋を見て、改めて大切に引き継いでいこうと思いました。

クリックすると元のサイズで表示します

花を飾っているような気になる絵ろうそくを灯してみました。
生前、花が好きだったので 夏らしくアサガオを灯しました。
日本舞踊やお茶席、料亭でも灯されているようです。
西宮市今津水波町・阪神久寿川駅の
北側西筋の「松本商店」が制作しているようです。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ