自給自足の野菜を食べる幸せ、 野菜探しはカテゴリーから。

2013/9/23

秋のジャガイモ「デジマ」が発芽  じゃがいも

9月半ばに植えたので少し遅れたかな・・
と思いながらもデジマという品種を植えてみた。

クリックすると元のサイズで表示します

10日ほどで発芽を確認できた。
23日だと言うのに昼の気温がぐんぐん上がる。
夏のように30度以上もあって畑作業がつらい。
春先のメークインとの成長の違いは、
秋のほうが早く育つということなんだろう。

クリックすると元のサイズで表示します

長崎の出島にちなんで命名されたジャガイモ「デジマ」
春作のデジマは食味優れており、肉じゃがや煮物、
味噌汁の具、フライドポテトに適しているらしい。

いま発芽した秋作は、澱粉価が比較的高くポテトチップ、
ポテトサラダ、粉ふきいもにも合うらしい。
しかし我が家の食卓には、肉じゃがや煮物、
味噌汁の具が多いのだろう。

クリックすると元のサイズで表示します

じゃがいものチーズ焼きレシピがあった。
せっかくだから挑戦してみるかな。

作り方
1.じゃがいもの皮をむき水にさらす。
2.ラップにくるんで(ゆで野菜機能付きの電子レンジなら自動で)
 レンジにかけやわらかくする※かけすぎないように注意
3.玉ねぎはうすくスライスして、オリーブ油で炒め軽く塩こしょうする
4.両方を耐熱皿(うすくオリーブ油をぬっておく)に
 入れチーズをのせて、トースターで軽く色づくまで焼く。


検索でブログを発見しました。
何と、畝の谷に種イモを植え付けるという
変わった農作業方法が載っていました。
http://blog.livedoor.jp/syumatsu/archives/52892255.html

「デジマ」
長崎県総合農林試で北海道の食味のよい系統「北海31号」を母、
暖地で春秋とも多収の「ウンゼン」を父として交配・育成し、
昭和46年に農林登録(ばれいしょ農林19号)された
暖地二期作用品種です。
品種名は江戸時代に外国への窓口であった育成地近くの
長崎出島にちなんでつけられている。

デジマは春作・秋作ともに多収。
いもの表皮が滑らかで、外観が良い。
食味が良い。
Yモザイク病に強い。
青枯病に弱い。




0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ