自給自足の野菜を食べる幸せ、 野菜探しはカテゴリーから。

2015/6/23

ジャンボピーマン病害虫  ナス・ピーマン

クリックすると元のサイズで表示します

例年作るピーマンは、店頭で並んでいる大きさだが、
今年は、手のひらに乗せても堂々とした
ジャンボなピーマンを育てている。

幹を大きくしてから結実させようとしたが、
すでに何個かが実っている。
ところが・・・

クリックすると元のサイズで表示します

芋虫が侵入したようで、実が食われて、穴が開いている。
実を割ってみると種が食われている。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

しかも何らかの病気のようで、数個が地面に落ちている。
実の尻がドロロンと溶けているようにも思える。

害虫退治をするにしても姿が見えない。
病気対策するにしても病名がわからない。
さっそく調べてみよう、、困ったなぁ

ピーマンは水を与えすぎないように・・
ピーマンは肥料を与えすぎないように・・
その注意書きは守っているから当たらないはず


葉は茂っているから、もしかしたら与えた木材チップとか
有機肥料の窒素が効きすぎたのかな
虫が多いのもそのせいなんだろうか
カリウム不足なら貝殻石灰を土に散布して
中和とか消毒の意味で様子見しようかな。

もし病気のせいなら4〜5年間は、
連作障害に注意しないといけないな。


______________________________________

★ピーマンの健康効果について調べました。
以下は自分の知識では無く、
書いてあるそのものをまとめました。


ピーマンにはビタミンCが多く含まれている。
大き目のピーマン1個にはレモン1個と
同等のビタミンCが含まれている。

ビタミンCは、細胞を丈夫にし、
風邪の予防や肌の修復に効果を発揮する。

毛細血管を丈夫にするビタミンPやコレステロールを
低下させる葉緑素もピーマンに含まれているので、
ピーマンを食べると高血圧や動脈硬化にも有効です。

薬効を高めるにはピーマンを生で食べるのがよいが、
ピーマンにレモン、りんご、トマトなどを加えたジュースは
ビタミンたっぷりの飲み物になる。

いいことずくめのピーマンですね。

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ