自給自足の野菜を食べる幸せ、 野菜探しはカテゴリーから。

2015/9/25

黒大豆にカメムシ発生  

南方系の斑点米カメムシでもあるミナミアオカメムシが、
分布域を拡大しているという記事を読んだ。
同じ日に菜園を巡回していると、

背が高くなった黒大豆の枝葉辺りから
カメムシが発するような異臭がした。
探ってみると間違いなくカメムシだった。

触ると臭いが取れないので慎重に枝の倒れを直す。

クリックすると元のサイズで表示します

焦げ茶色で丸い形のカメムシが群がっていた。
カメムシは緑だとばかり思っていたので不思議な気持ち。
マルカメムシ
クリックすると元のサイズで表示します

違う種類のカメムシも発見。
頭が三角になっているから緑カメムシに近い種類かな?
クサギカメムシ
クリックすると元のサイズで表示します

●暖地系の害虫で、成虫越冬し、年間2〜4世代発生する。
●成虫、幼虫ともに、口針を莢に差込み吸汁する。
●その結果、莢が落下したり、偏平(板莢)となって
収量が減少し、子実が変形・変色して品質が低下する。
ひどく加害されると葉が青いまま残り、
いわゆる青立ちとなる。
●吸汁による被害は、莢伸長期〜収穫期の全期間、
特に莢伸長中期〜子実肥大中期の約20日間に多発。

こりゃぁ えらいこっちゃ!


どんな対策をすれば良いのかな?
●防除剤には
ピレスロイド系(パーマチオン水和剤、トレボン乳剤など)、
ネオニコチノイド系(アルバリン・スタークル顆粒水溶剤、
ダントツ粉剤DLなど)、有機リン系殺虫剤(スミチオン乳剤・
粉剤3DL、エルサン乳剤・粉剤3DLなど)などがある。
●防除には、残効の長いものを使用すると良い。

たくさんありすぎて迷うね。

●ミナミアオカメムシには、
ネオニコチノイド系殺虫剤の効果が高いといわれている。
●7月播種などの遅植えをすると、被害が少ない傾向。
●なお、西日本で発生の多いマルカメムシは、
茎葉を加害するが、株当たり30個体程度までは被害が出ない。


3種類目のカメムシを発見した。
空中を飛来して軍手の上に止まったので撮影した。
今まで見た種類よりも緑が濃いカメムシ。

クリックすると元のサイズで表示します

黒大豆の初めての挑戦なので、手探り状態。
色んな人にも聞いてみることにしよう。



________________________

検索で見たカメムシの画像


@クリックすると元のサイズで表示します
Aクリックすると元のサイズで表示します
Bクリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ