自給自足の野菜を食べる幸せ、 野菜探しはカテゴリーから。

2020/9/1

花オクラを栽培してみる  オクラ・モロヘイヤ・ゴーヤ

クリックすると元のサイズで表示します
大きな花を咲かせて優雅に立ってる「花オクラ」という種類。
実を食べるオクラとは違う種類です。
プランターでも栽培できるが、夏場の水やりは忙しい。
地中に根を生やすのが一番安定してるようだ。

葉は細くて長いのが特徴。
クリックすると元のサイズで表示します


湯にシャブシャブっとして、お浸しとかマヨネーズで頂ける。
以前にも鹿児島の旅で見つけた花オクラの事を書いたことがある。
ことし、貰った種をプランターと花壇で育てている。
花として眺めるとそれは立派な花。


花オクラの横では、食べるオクラの花と実が見える。
クリックすると元のサイズで表示します

食べるオクラの葉は大きくて広い。
クリックすると元のサイズで表示します

オクラの実は沢山の種類があるようだ。
写真のオクラは緑色で大きくなれば固くなる。
白いオクラなら、実りすぎても実は柔らかい。
赤味がかったオクラもあるが好みで栽培すればいい。


こちらは花オクラ、こちらは実の成るオクラと 説明されないと
初めての人にはわからないと思う。
晩秋に種を採取して来年もたくさん咲かせようと思う。

★秋の風を感じる頃、葉をくるくるっと丸めて
葉の中へ卵を産み付ける幼虫が発生するので
葉を食べられたら枯れてしまうので、注意が必要だ。

葉巻虫とでもいうのだろうか?


●以前の記録 花オクラ
https://sun.ap.teacup.com/keigo/402.html
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ