Kichibo Style

http://www3.to/kichibo
Site Since 2001/09/01 Blog Since 2004/08/01

 
Copyright (C) 2001-2021 Kichibo.All rights reserved

Kichibo BBS

QRコード

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

なんでも鑑定書

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ken
こんにちはkichiboさん

確かにこの問題は複雑で難しい問題ですよね。
私の住む近くにも川があるのですが、その川を何十年も見てきた釣り人の方と話しをする機会があったのですが、その方の話では昔は川が真っ黒になるくらい雑魚(ウグイ他)が沢山いたそうです。でも今は魚影がほとんど確認できないくらい魚の数が減りました。家の近くの川は上流から中流域なので川にはもちろんバスはいません!確認されてません!
魚が減った原因は川の水が汚れたのと河川工事で川の流れを変えたり、護岸工事をした"せい≠轤オいです。その影響で魚がエサとしているクロカワ虫(川虫)もかなり少なくなったと釣り人の方は言ってました。
あ!そうだ、昔はメダカもいたと言ってました。(今はその川では絶滅)

淡水域ではバスは食物連鎖の三角のピラミットの頂点に位置する魚。底面が広がらなければバスも増えることはない。だから日本の淡水域がバスだらけになることは絶対にありえないですよね。なのに在来種が減った原因をすべてブラックバスに押し付ける国のやり方は許せないですね。血税をバス駆除のために半永久的に使われるのは納得いかないです。

世の中 矛盾だらけですけど
これからも頑張っていきましょう。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ