橋下知事の新構想  教育のはなし

 橋下大阪府知事が、すべての高校でTOFELの勉強をして、成績優秀な学校には優先的にお金を配分するという構想を打ち出した。東大京大合格者何人という数値目標や、学力テストの順位を上げるという目標に比べれば、はるかにわかりやすい方針だと思う。
 合格者数は定員がある以上、いくらがんばったところで限界はある。順位を上げるのも同じことで、他者のある競争なのだから、他校あるいは他府県をいかに出し抜き、足を引っ張り合うか、という競争に堕する可能性も否定できない。
 それに比べて、資格の点数には定員がない。全員達成可能な目標という点が、きわめて重要である。優秀校への予算配分については慎重に検討されるべきだと思うが、この目標転換をスパッとやるあたり、さすがである。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ