教師の家系  学校のはなし

 「学校の先生って、親も先生だったって人、多いよね」というのは、よく話題になることである。
 クラスで教師を助けてくれる生徒の中にも、親が教師という生徒が多い気もする。お手伝いのやり方がわかるのだろうか。
 もちろん、教師という職業が150万人以上いて、その数字は全労働者の2%とかなのだから、石を投げれば教師にあたるのかもしれないが、やはり多い気がする。
 「家庭内における教師文化の再生産」が行われているのとすれば、それはどういうことなのだろう?
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ