デフレの正体は、やはり・・・。  世の中のはなし

 昨日の毎日新聞に載っていた、潮田道夫氏のコラムは、なかなか興味深い(「水説 金融と涙の水たまり」)。
http://mainichi.jp/select/opinion/ushioda/news/20120118ddm003070155000c.html

 日銀の白川総裁が、今月10日にロンドン大学で講演して、欧米諸国もまた、日本のたどったThe Long and Winding Roadをたどることになるかもしれない、という話をしたらしい。
 潮田氏はさらりと流しているが、ここで白川総裁が、日本の「失われた20年」を、前半ではバブル崩壊による借金返済に追われたためであったが、後半の低成長の主因は、史上先例のない急激な高齢化と人口減少のためである、という見解を示したことは、とても重要なことではないのだろうか。
 まさに、藻谷浩介氏の『デフレの正体』の説明そのものではないか。
 白川総裁によれば、2000年代の日本経済は、人口1人あたりで見れば、GDPの伸び率は他の先進国と遜色なく、生産年齢人口で見ればもっとも高かったという。それでもGDPは伸びなかった。
 とすると、日本経済は、ちょっとやそっとの景気刺激策では、総体としての経済成長はもはや望めない、ということでもある。大変な話である。
2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ