徳島県の私立高校についての疑問を解く鍵  私立中学・高等学校について

 昨日書いたように、徳島県には、公立高校が40校以上あるのに対して、私立高校は3校しかない。生徒の割合でも、5%を切っており、全国平均の3割、東京都の6割にははるかに及ばない。
 いろいろと推測することはできるけれど、こういうことは当事者にお聞きするのがいちばんかと、徳島の私立中高連にうかがって、単刀直入に「なんでなんでですか」と聞いてみた。
 事務局長さんは、県立高校の先生から県の教育長にまでなった方で、まさに徳島県学校教育の裏も表も知り尽くした人だった。
 ひとことでは言い表せないが、とにかく、他の県で私学が大きく伸びたタイミングで、徳島ではそういう種が蒔かれず芽が出なかったということである。
 さて、その結果、他の私立が大きく伸びた県と、どのような差異が生じたのだろうか。これが何らかの形で明らかにすることができれば、「高校教育における私立高校の役割」を知る糸口となることだろうとは思うのだが、さて、いかにして?
2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ