私立高校とスポーツ留学  私立中学・高等学校について

 仙台育英高校の陸上部の監督が、成績不振を理由に退任して、愛知県の豊川高校に移るそうで、監督を追いかけて部員が大量に転校するつもりでいるらしい。
http://mainichi.jp/photo/news/20120221k0000m050093000c.html

 私立高校が実業団みたいなことをしていることが問題視されているらしいが、そもそも野球でもサッカーでもバレーボールでも、そういうことは現にあるし、文化系クラブでも指導者を求めて遠くの高校に通う生徒はいる。
 公立高校にはできない教育実践を行うのが私立高校なのだし、現実問題、日本のスポーツを私立高校が下支えしている(指導者の生活を、高校教職員として抱え込んでいる)という現実がある。
 これが褒められたものだとは思わない。
 しかし問題とされるべきは、まずは私立高校の経営姿勢ではなく、青少年のスポーツの場を、学校教育の内部に持ち込み、しかも多くの競技の場合、そうしなければプレーする場が保証されないという点にあるのではないか。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ