葬式は、要らない。でも、葬式は、必要だ。  世の中のはなし

 友人のお父さんのお通夜に行ってきた。生駒山の麓まで近鉄を乗り継いで、2時間。
 河内のしきたりなのか知らないが、紙のシキビが貼り出されていて(一口1000円)、読経が始まるとすぐに焼香が始まり(葬儀センターの人が「焼香は1回で!」と繰り返し叫んでいた)、15分ほどで式場を後にした。
 仏教の葬式はどうも納得いかないことが多いが(キリスト教の方がはるかに「死と向き合い、生の意味を確認する」という儀式として優れていると思う)、ともあれみんなが遺族のもとに集まるきっかけという意味では、どんどん簡素化され形を変えながらも、葬式は行われる。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ